« 祭りのあと | トップページ | テーマ展の結果発表前夜 »

2013年7月25日 (木)

まいどまいど電気窯の修理

土丸展が終わって、呆けたようなわし。
今日は、ちょっと余裕があって、ゆっくりとできる予定だった。

窯の修理を昨日中に終わらせるつもりが、なかなかできなかったので、今日は朝から窯修理。今日のブログは、興味のない人にとってはとてもつまらないよ。

他の教室の人はどうしているのかしらんけど、わしは大体自分で修理する。電気窯のトラブルって、ほとんどは「断線」つまり、あのニクロム線の親玉みたいなのが切れてしまうこと。

実際は、ニクロム線ではなく、「パイロマックス」という。還元焼成ができる電熱線。
これが、何かの拍子に切れるのです。まあ、15KW以下の線ならば、けっこう細いので、そりゃ切れる。悲しいほど・・

切れたら、つなげるかというと、つなげません。応急処置はできます。

応急処置の方法
Dscn1786 切れた部分を重ねてできるだけぴったり沿わせて、ピンでガッチガチに留めます。

よく、ぐるぐる巻きにすればよいとか言う人いますが、無駄です。なぜなら、電気が通じるのはただの一点。長く接触していても、通じている部分はただの一点なので、ぐるぐる巻くのは大変なだけ。

さらには、巻くときに、かなりの負荷がかかるので、また切れやすい。

それじゃあ、このように沿わせて、ガッチガチに留めれば、治るかというと、あくまで応急処置。たいていまた切れます。

なぜ切れるかというと、たぶんビビって、接触面がまたこげて焼けてしまうのだ。このビビリを防ぐために、ガッチガチに止めるのだけど、そのうちにゆるんでビビってしまう。

素焼きぐらいならば、応急処置のまま使えるけれど、本焼きはせいぜい2、3回ぐらいしかまあもたない。最高10回くらい焼けた時があるけど、どうせダメになるので、さっさと新しいのに張り替えたほうがいいよ。

しかし、この窯、電熱線暴れてるなあ、3年ぐらいメンテしてなかったからなあ。

修理に必要と思うのは
①トーチバーナー(これで電熱線を熱して曲げます)
②ペンチ&おすすめはラジオペンチ。先が細いやつ

この二つは要ります。さらに、実際に電熱線を外す時は、ユー字ピンを引っこ抜くのが大変。わしは、ピンの先端を鉄線カッターで全部切ってから引っこ抜きます。その方が楽だわ。

それで抜いてるとこと、全部抜いたとこ。
Dscn1787_2
Dscn1788








それで、抜いたら、ピンの黒くこげたカスを掃除し、穴が大きければ、カオウールを丸めたものか、耐火モルタルで穴を埋める。手間かかるわ。

Dscn1789
んで、きれいに張り替えたあとはこんな感じ。
きれいですね。

時間があれば、電熱線が暴れているところをトーチバーナーを当てて、暴れを収める。
これまた時間がかかる。






窯の内部を貼り直したら、配線部分をとりつけて、一応完了。
5分ほど通電してみて、熱くなるか見てみる。

本当は、このあと空焚きが良いとされてる。1050度以上を6時間キープとか言われた。
わしはもったいないので、たいていはちょっとゆっくり気味に酸化焼成をする。今日も、酸化つめて焼いた。

というところで、終了は19時。わしの一日を返して欲しいわ、いやほんま。

|

« 祭りのあと | トップページ | テーマ展の結果発表前夜 »

コメント

お疲れ様お陰で陶芸楽しんでます
ありがとうございます

投稿: murakami fumiko | 2013年7月25日 (木) 11時28分

土丸展、ありがとうございました。
親類引き連れ(といっても私を含めて5人ですが)見に行きました。
みなさんの素敵な作品に、母や伯母は大喜び。いい目の保養ができたわぁ(^^)と申しておりました。

窯の修理、毎回ご苦労様です。
一日をお返しすることはできませんが…打ち上げを楽しみにしております。

いつの間にか4年目となりましたが、いつまでたっても進歩していない気がします。
このままじゃいかん!と思ってはいるのですが…。

投稿: しんまいあらため… | 2013年7月30日 (火) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/57858960

この記事へのトラックバック一覧です: まいどまいど電気窯の修理:

« 祭りのあと | トップページ | テーマ展の結果発表前夜 »