« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月21日 (火)

うつけの絵付け

絵が苦手です。陶芸教室をやっていながら、ほとんど絵が描けません。

教室を始めた10年以上前から、それはわかりきっていたことで、最初はなにやら生徒に
ごまかしたりしてたけど、すぐに

「わしは絵がかけん。絵のことは、美大でとるスタッフがようけおるから、そいつらに
聞きなはれ。」

と完全に開き直り、生徒さんらもわしの状態を見て、この人に絵のことを聞いてもあかんということを完全に理解し、現在では聞こうという人もおらん。

それはそれでよいのだけれど、正直、さみしい。答えられないけど、聞いて欲しい。わしに聞くなと言って置きながら、そう思うのは実に自分勝手だけれど、これが人間だ。

うちのスタッフは、わしを除けば、ほぼ全員絵が描ける。何年か前に、絵を習おうかと思って、
どういう練習をしたらよいかとか聞いたことあるなあ。あれはもう10年近く前か・・・・

絵をなんとかしなければ、そう思いながら幾年月、ついにやってしまった。
関内の「きらく」のカリキュラムに、「絵付け」っていう時間を作ってしまったのだ。それが来月やってくる。その時間、絵のうまいスタッフに全部任せて、わしは遠くから指をくわえてみているということもできるが、それだと困ったことがおきてしまう。

生徒みんなが、わしより絵がうまくなり、わしより先にいってしまうではないか。こんなことでよいのか!いかんいかん。

そこで、先週、絵のうまいスタッフを捕まえ、絵付けについてじっくり聞いてみた。

わしは、何をどうすれば描けるようになるのか、さっぱりわからない。だいたい、筆の持ち方もよくわからない。そういうところから、お願いしますということで、少し教えてもらった。

しかし、どうも聞いてみると、そのスタッフもえらいうまいが、筆の持ち方やら、手の運び方なんて習ってないみたい。なんでじゃろ、そんで、詳しく聞いてみると、陶芸でゴスやらベンガラやらでやる下絵付けならば、3種類の線が引ければ描けるということがわかった!

もとからこれは絵描きでは常識かもしれんが、わしの中では新発見で、えらい興奮し、なんだ、簡単じゃないの!とまで言い放った。

それからは、絵付けなんて簡単です。とまで公言し、ふと気がついたのだけど、これって、わしは自分でハードルをどんどん上げてしまって、ただそれを見上げているという状況ではなかろうか?

ええい、上げてしまったものは仕方ない。上げすぎたハードルは、うりゃあと言いながら、下を走り抜けるだけと思いながら、ちょっとびびっている毎日であった。馬鹿だなあ。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

言えるか?

「きゃりーぱみゅぱみゅ」って、言えますか?言えますか?

わし、まったく言えない。ぱみゅぱみゅって、今まで口にしたことのない単語だ。
なんか雑誌とか、ネットで、この単語というか、名前をちょろちょろ見ては、ふと口にしてみたが、うまく言えたためしがない。

すでにあきらめて、相当に日がたち、もはや「きゃりーぱみゅぱみゅ」のことも忘れようとしたころ、なんかで読んだのだ。「きゃりーぱみゅぱみゅ」の発音方法。

清水ミチコの紹介だ。さすがだ。

今週は、教室で出席をとったら、ほとんどこの話をしている。

老若男女(これも言いにくいね)すべての生徒に、とりあえず言わせて見る。「きゃりーぱみゅぱみゅ」が何者か知っている人の方が少ないが、そんなことはどうでもよい。わしもよくは知らん。とりあえず、発音させてみる。

こわいというか、まじめそうな顔をしている人ほど、どうしても言ってほしい。まず、言えない。けど、顔はほころび、たいへんかわいい。

わしは、うひゃうひゃ喜び、ほうれ言えまい!ひゃひゃひゃと笑う。

そんで、発音方法だけど、ドラえもんがポケットから道具を出すときの言い方ありますね、

「どこでもドア~」みたいな。

その言い方で、言ってみてください。わりと言いやすくなります。

今週は、「きゃりーぱみゅぱみゅ。」と口にしなければ、手伝わないと宣言し、生徒を困惑させまくった一週間であった。平和だな。

ブログの復活にまだ慣れてないので、こういう小ネタでせまってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

土丸ホームページ改造計画

ホームページを手直ししている。要領が悪いのと、何をどうすればよいのかよくわかっていないので、すごい時間がかかっている。

まずは、ホームがちょっと変わったでしょう。背景が白くなった。ぐらいか・・・

「きらく」という教室作ったので、これを載せないと、話にならないし。でもここも作りかけ。

スタッフ紹介のページも、今までのどうでもよいやつから、どうせみんな陶芸で食っていくことを目指しているので、それを少しでも助けられるようにしたいし。作りかけ

ギャラリーのページ。前のパソコンのメモリーが少なくて、土丸展の写真をアップするのに、それこそアップアップしてて、なぜかうまくアップできなかった。現在、2010年、2011年の土丸展の写真はちゃんとアップされた。やっとこさ。でも、2008年と2009年がごっちゃになってる。なぜだかわからんちん。

全体に考えてるのは、とにもかくにも「すっきり」させたい。グダグダは、わしのブログで十分だわな。ホームページまでグダグダではなあ・・

あとは、「自宅で陶芸やってみますか?」も変えたい。テキストを動画に変えて、ホームページに貼り付けたい。そうしたら、最近はスマホになったし、手元において、作り方を確認しながら進められるしなあ。

この部分は、だいぶ前から考えていた。もともとは、テキストやら、そこで紹介する作り方とか、いわばノウハウなんだけど、大切にしようと思っていた。知的財産というやつやねえ。

しかし、長いこと教室をやっていると、どうも違うような気がしてきた。それに加えて、ネット上に、陶芸のやりかたとか案内のってたり、動画になっているのもある。けど、どれもこれも、えらそうに言うならば、情報の出し惜しみを感じた。

果たして、出し惜しみするような情報って、こと陶芸に関してあるのかなあ?と本当に疑問に思えてきた。

ネットのおかげで、陶芸に関する知識はすごく広がった。調べようとしたら、かなりの部分調べられる。

わしが、現在思っているのは、たとえば「ゆのみの作り方」ということ自体はもはや隠す必要はないんじゃないか?ということ。

調べようとしたら、手順とかは本やネットで大体調べられる。通信教育もある。

それで、なんかできそうな気がしてやってみる。これでできるか?
できないと思う。できないからこそ、実際に教室というものがある。

じゃあ、もうじゃんじゃん公開しちゃおうと思っているのだ。

思ってはいるのだけれど・・まあ そのうちにな。ということで作りかけ・・

なんとやりちらかしまくり。永遠の未完成。
ホームページのサグラダファミリアと言えよう。あと100年だな。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »