« 陶芸に関する不謹慎なお話し | トップページ | 土丸展はじまる! »

2011年3月30日 (水)

中島潔の襖絵を見に行った

2ヶ月か3ヶ月前か忘れたけれど、NHKのブラタモリだか、何だかを録画しようとしたら、中島潔という画家の話の番組を録画してしまった。

それまで、中島潔という画家のことはほとんど何も知らず。ただ、子供の絵や、うめ吉という犬は、どこかで見たことがあって、「ああ こういうの見たことあるなあ。」となんで、こんなもの録画したのかなとぼんやりみていた。

きれいな絵を描く人なんだなあと、思っていたら、この「大漁」が出てきた。

1744673pimg

なんなんだろう。この絵は、金子みすずの詩を基にしているらしいけれど、なんか激しく心が動揺する。

この襖絵を中心に、中島潔の展示会が昨日まで、銀座の松屋でやっていて、なんとか最終日に行くことができた。

展示会、入ってほぼすぐのところに、この「大漁」が展示してあった。見たとたん、背筋がぞくぞくっときた。
なんか圧倒的。わしは、はるか昔、水産学部の学生時代に、ハワイまで船で行き、当時のハナウマ湾(たぶん今よりはるかにきれい)で、泳いでいた時に、小魚の大群の中に身をおいたことがあった。前後左右、すべて魚の銀色の光。わしはその中にいて、苦しいほど感動したのを覚えている。

その気持ちと、同時になんとも言えない不安感。でも惹かれる。
絵をみて、こんなに心が動いたのは、子供の頃にルオーを見ていらいかなあ。
わしも、もうおやぢではあるけれど、なんらかの感受性がまだ残っておるのだなあ。うむうむ。

「大漁」で感激したあと、松屋のデパ地下見学。ものすごくおいしそうなものがいっぱいある。見ていると、なんかどう見ても、お金に余裕のありそうなマダムが友人と談笑しながら、いっぱい歩いておる。

ここは平和だ。でも、納豆がない。むう。わしは関西人で、納豆などあまり好きでないが、あんまり周りの人が納豆ない納豆ないと騒ぐので、つい探してみました。あってもわしは、食わないと思います。あったら、買ってたかなあ。うむう。わからんちん。


|

« 陶芸に関する不謹慎なお話し | トップページ | 土丸展はじまる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/51251297

この記事へのトラックバック一覧です: 中島潔の襖絵を見に行った:

« 陶芸に関する不謹慎なお話し | トップページ | 土丸展はじまる! »