« 縄文よ | トップページ | 陶芸に関する不謹慎なお話し »

2011年3月19日 (土)

4月から何をしようかなあ

とにもかくにも時間が過ぎる。今日で、地震から一週間。

停電あるし、なかなか窯も炊けないし、停電してないから焚いてもいいというもんでもない。エネルギーがもったいない。

しかし、この電気というやつ。便利だけど、不便だなあ。これを読んでいるみなさま、世の中の原子力発電をゼロにする方法があるのを知っていますか?これさえ、できれば、原子力発電なんぞ不要というもの。それどころか、電気代はものすごく安くなるのではないか?すると、エネルギーとして、石油やガソリンなど使わなくなるだろうなあ。

それは、電気を貯めること。貯電。これはないんだよなあ。蓄電池というものがあるけれど、そういうみみっちいことではなく、どーんと溜め込む方法。したら、人があまり使わない夜の間に、せっせと電気を溜め込み、あとで一気に放出ということさえできればなあ。
水力でも、波でも、あるいは太陽電池でもいいわ。とりあえず、どこでも電気作って、貯めてしまえればなあ。

この技術なんかも、人工光合成と同じく、人間が本気になって取り組めば、なんらかの方法が必ず見つかると思う。ああ、誰かやってくれい。そして、停電と原子力の恐怖から救ってくれないかなあ。わしも、若くて、もっと頭がよければやってみたいなあ。

という、ちょっと妄想っぽいけど、実に人類にとって重要なことをぼんやりと考えながら、同時に、4月から何をやろうかしら、カリキュラム考えている。

ずいぶん、みみっちい話しだけれど、こんどの4月は重要よ。とわしは自分に言い聞かせとる。

この地震の影響というか、後遺症というか、停電等もあって、なかなか教室に生徒さんは、来ずらいだろうし、やる気をなくす人もままいるであろう。なんせ、人の意識が変わりつつあるのだからな。

そういう背景がありながら、4月からのカリキュラムを見れば、なんか楽しそうで、しかもうまくなりそうで、こりゃ、やっぱり教室にちょっと行きたいかも~と思わせるような、

ああ、俺って、自分でなんでハードル上げて、難しくしてんだあ。そんなカリキュラム、ほいほいできるかいや。

と、あえてハードル下げるために、自分で突っ込んでみても、現実はそこにあるのだから、どんなことやろうか、またず~っと考えているわしであった。

空から、アイデアが降ってこないかのう。逃避だ逃避だ。

|

« 縄文よ | トップページ | 陶芸に関する不謹慎なお話し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/51155997

この記事へのトラックバック一覧です: 4月から何をしようかなあ:

« 縄文よ | トップページ | 陶芸に関する不謹慎なお話し »