« 鶯ボールを求めて | トップページ | 陶芸教室スタッフ募集だあ »

2010年11月28日 (日)

ど派手に更新

前回、先週だか先々週だかに「鶯ボール」たらで、久しぶりにブログ書いたら、うちのスタッフから、

「なんか地味に更新してましたね。」と言われた。

「地味に!」 

だと!地味という言葉自体に罪はないが、その響きは、実に小ばかにしたようなニュアンスが含まれている。もともと、ほとんどどうでも良いことをどうでも良いように書いているので、たしかにどうでもよいんだけど、なんかくやしい。ということで、タイトルだけでもド派手と入れてみた。

ああ、もう書くことがなくなってしまった。こういうのを出オチっていうのかな。

そうだ。鶯ボール、見つけました。昨日の夕方、伊勢佐木モールのダイソーに行ってみたら、なんとあったのよ。100円。もとい105円。ちょっと袋が小さくなってるけど。
とりあえず8個買った。なんとなく8個。今日、これから「きらく」に持っていこうっと。

他の大倉山や二子新地の人たちも、欲しがるかもしれんから、今度持って行こう。そうだ忘年会か、新年会に持っていくか。「鶯ボールのゆうべ」なんてのはよさそうだなあ。

転がるように、書いていくと、昨日ダイソーには、陶芸教室のために行った。わしが一番いろんな材料やら、なにやら仕入れるとこね。あと、ホームセンター。

来週やるカリキュラム、「いらないけど驚きの2重構造」に使うものを探しにいったのだ。
これはお気に入りのカリキュラムタイトルなのだ。何を作るかというと、かべが2重構造になっているカップみたいなもの。必要、不必要でいうと、まず不要なので、最初に断っている。「いらないけど」と。この謙虚さが良いではないか。

今週、教室にいると、以下のような会話がよく聞かれた。

「来週、なにやるんだっけ?」
「なんか たしか いらないもの やるとか先生言ってたわよ」
「ええ~ これ以上いらないもの作らされたら、たまんないわねえ」
「そうねえ あははははあああ」

なんということか、謙虚につけた「いらないでしょうけど」という部分だけが、記憶に残り、その他の部分はまったく抜け落ちているのだ。

しかし、わしは負けないのである。そのために、ダイソーに行って、使えるかどうかわからんものをまた仕込んできた。ついでに鶯ボールをみつけた。実にラッキー。昨日仕入れたものを使って、今日さっそくサンプルを作ってみるのだ。ふふふ 今に見とれよ、と生徒に対抗心燃やしてどうするんだろう、そもそも、そんなタイトルつけた自分が悪いだけじゃんと冷静に思いながら、ありゃもうこんな時間。仕事だ仕事だ。


|

« 鶯ボールを求めて | トップページ | 陶芸教室スタッフ募集だあ »

コメント

いらない2重構造のカップって、なににつかうんですか?
お茶を飲みながら、2重の壁にはさんだメモを読めるとか?中はコーヒーでそとはミルクとか?

結構、興味しんしん、できたら写真アップして下さいね。派手に。

投稿: ペコリーナ | 2010年11月29日 (月) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/50151366

この記事へのトラックバック一覧です: ど派手に更新:

« 鶯ボールを求めて | トップページ | 陶芸教室スタッフ募集だあ »