« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月16日 (日)

金融不況

世の中は金融不況というので大騒ぎ、自動車も世界中で売れなくなっている。陶芸教室はどうか?あんまり影響ないのでは?とか思われるかもしれないが、これはたぶん大きな影響が出ているのであった。

大体、影響が出ないわけがないのだ。株価があれだけ下がると、銀行や保険会社がおかしくなるので、貸し出しが厳しくなる。世の中のほとんどは中小企業なので、そこがおかしくなり、ボーナスなども抑えられるだろう。

それよりも何よりも、陶芸教室というのはやはり50代以降の方が多いので、資産の悪化が効いて来るのでは?と思う。直接株式に投資している人はそんなに多くはないだろうけれど、投資信託みたいなものを買っている人は多いのではないか?

銀行金利はバブル崩壊後、今に至るもほとんどただに等しい。同じ貯蓄を考えるなら、少しでも有利なものと考えて当然で、その受け皿が投資信託やら、なにやらだったわけで、その投資信託は株式やら商品やらに投資していたわけだから、株式が下がると、分配金やらが減ってくる。

そりゃあ、支出を絞るわなあ。

今すぐにお金に困ることはないけれど、将来に対する不安があるとためようとするのはあたりまえ、すると趣味ごととかに使うお金はまず最初に絞るわな。わしもそうする。

その傾向は出ている。9月の中ごろから明らかにおかしくなった。どうすんべえかとずっと考えているわしなのであった。

教室としてできることはあまり多くない。基本は、楽しく、いいものが作れるような教室を維持していくことだろう。どんな状況でも人は楽しさを求めるから、それに応えられないと話にならない。

次はやはり価格だろうか?しかし、もともと土丸は、はっきり言って安いので、値下げなんぞとてもできない。それどころか、ちょっと前まで原油高騰からくる原材料がすべて上がっていたので値上げを考えていた。

陶芸教室を始めるとき、普通の人は趣味ごとにいくらぐらいお金を使うだろうと考えた。いろいろ調べたりしたけれど、10年前は月に1万2千円ぐらいだと考えて、教室を作った。6年前、デフレが続き、とても、1万2千円は無理だろうと思った、若い人たちは携帯にお金がかかりだし、教室から若い女性が減った。これはどんなお稽古事もそうらしかった。

それで、月に通常なら全部で1万円でできるように、教室の価格を変えた。それから6年間。これで、大体うまくきたけれど、この見直しが要るのかもしれない。むう。

あとは、教室で待ってるのではなく、外に出かけていくことだろう。陶芸やりたいと心の中で思っている人はけっこう多いはずで、こちらからそういう人の近くまで出かけていって、楽しさを見せびらかしたり、体験してもらうことだなあとか考えている今日この頃のわしなのだ。今回のブログは、実にお勉強になるよい話ではなかろうか?おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

わが人徳

人徳などと偉そうなことを書いては見たが、実は内容は人徳でもなんでもない。

今日も教室で食べ物をもらった。昼飯食って、窯の前でタバコを吸っていたら、年配の生徒さんがいきなりやってきて肉まんをくれた。ありがとう。さっそくいただきます。

一昨日はチョコをもらった。その前はなんだったけ?みかんとパンだ。

なんかしらんけど、わしはやたらと食べ物をもらえる。そうだ、味噌ももらったなあ。

わしはくれるものは、病気と借金以外なんでもありがとうと言っていただく主義なので、すべてありがたく頂戴する。どうもみなさんありがとうございます。

そういえば、社会保険センターが始まったころ、そこの生徒さんがやたら「先生はビール飲みますか?」と聞く。そりゃあ飲む。と答えてたら、中元歳暮にみなさんビール券をくれた。ものすごいたくさんビール券が集まり、たいへんありがたい。

土丸の方では、ほとんどそんなものもらったことなかったので、なんでだろうと不思議だった。どうやら、他の講座では生徒が先生にけっこうそうやって中元歳暮を贈っているらしい。

中元歳暮をもらったからと言って、えこひいきするわけにもいかず、ビール券をくれた人だけ、粘土を大盛りにもできないので、わしが生徒さんに接するのは、なんにも変わらない。そもそも、わしはものをもらって、もらった時は喜ぶが、すぐに誰からもらったか忘れてしまう。ものすごい失礼な男なので、見返りはまったく期待できない。

どうも、この先生は、ものをあげてもだめだというのが伝わったのか、いつの間にやら、ビール券はほとんどもらえなくなり、(わし、一度も虚礼廃止とか言ってません。虚礼大好き)現物で、メロンパンだの、缶コーヒーだの、缶ビールだのくれるようになった。

おかげで体重がぜんぜん減りません。

食い物ばかり縁がある。お金、金目のものはまったく縁がない。へへへ。笑うしかない。

そういえば、社会保健センターというのは横浜中華街のすぐ近くにある。そこで昼飯は当然中華料理ということになる。なんでかしらんが、何度か行くと、店の人がやたらとサービスしてくれる。

大盛りをただにしてくれたり、閉めている店をわしだけのために開けてくれたり、この間も、半年振りぐらいに行った店なのに、おばちゃんはよく覚えていて、760円を600円に負けてくれた。うれしいけど、なんでだろう。

ある時なんぞ、ある店に入ったら、やたら混んでる。こりゃだめだと思ったら、こっちにこいという。厨房に入り込み、麺打ち台をテーブルにして飯を食った。わしはなんなんだろう。

まあ、よくわからんけど、今まで生きてきた感じで言うと、どうもお金にはあまり縁はなさそうだけど、とりあえず食ってはいけるようなので、よしとするしかないかと思う今日この頃、実は、今日もらった肉まん、まだもう1個あるのだけれど、もう夜中の2時だし、食うべきかどうかかなり悩んでいる47歳、もうじき48歳の秋であった。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

天気晴朗なれど浪高し

ああ~耳がかきたい。耳かきが欲しい。しかし、耳かきがない。

正確には耳の穴をかっぽじりたい。そんで耳かきが欲しい。が、あるにはあるけど壊れている。

耳かきが壊れるとはどういうことか?よくわからんが、わしが愛用していた耳かき、柄の部分はあるけれど、肝心な耳をかく部分がなくなっている。柄の部分も、がじがじになっている。これは、わしががじがじにしたのではなく、うちの犬がしたのです。がじがじ。

それで、耳がかけなくて、わしが悶々としている深夜であった。

最近、妙にものが壊れる。さいわい、このパソコンは今は大丈夫だけど、いつか壊れるのかな、そういうことを書いていると壊れるかもしれんから、知らないふりをしよう。

大倉山の教室の窯が壊れた。電気窯で、もう10年使っているけど、初めての断線。10年も使って、断線が一度というのはかなり上出来だが、ついに先日切れてしまった。

直さねばならない。むう。わしは、陶芸教室を始めるときに、窯屋に行って、直し方の講習なども受けてきた。おかげで、とりあえず自分で直せてしまう。このとりあえず自分でできてしまうというのが実はよくないのではないかと最近思いだした。

自分で直せば安く済むのでけっこうだが、仕事が増える。しかも、この窯の断線というのは、結局、その部分を張り替えねばならない。張り替えたら、まずは急激に温度を上げ、新しい線の表面に酸化膜を作る。そうしないと、また切れやすくなる。

それから、正常に動くか試し焼きをしたりする。するとどうしたって一度切れたら、早くても3~4週間くらいは使えない。その間にも教室はやっているので、生徒さんが釉薬をかけたものはせっせと他の教室に運んで焼かねばならない。

釉薬をかけた作品を運ぶのは、気を使うのだ。作品の底に、布テープを丸めたものを3箇所ほどしっかりと貼り付け、箱の中に固定する。そんで車に積んで、おっかなびっくりと運ぶのだ。

かくして、断線が起こると、わしはせっせと作品などを運ばねばならない。

ぜんぜんタイトルとは関係のない内容だが、そんな気分なのだ。ああ、いっそ修理なんて自分でできなけばよいのにとか思えてしまうが、できてしまう自分がにくいよ、このこのっというところで、今週もブログを終わろう。ほんと、たいへんなのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

なんとなくの話

まあ、また長いことブログを更新しなかった。

昨日というかゆうべ、生徒さんから「なんで?」と聞かれたけど、別に明確な理由があるわけでなく、なんとなくとしか言いようがない。

そう。なんとな~く、書いてなくて。そしたら別に書かねばならないことなんて特にないので間が空く。

間が空くと、再開するにはやはり何か書くべきことがあって書かねばならないような、まあそんなたいしたもんでもないのだけど、一ヶ月ぶりのブログで、「犬の○○○を踏んだ」とかいう話なんて書くのもなあということになり、ますます縁遠くなる。ちなみに○○○は踏んでません。本当です。

そこでゆうべ寝ながら、あんなこと言われたし、ブログ書かねばなあとか考えていたら、はたと気づいた。

これって、わしがやっている陶芸教室に来る生徒さんとまったく同じではないか!

何か理由があったり、まあなかったりしてしばらく教室に来られない生徒さんがやはりおられる。すると、再開しようとすると、やはりなんらかのきっかけと動機付けが必要で、それがないと、別に陶芸は嫌いじゃなく、好きなのだけれど、なんとなく縁遠くなってしまう。

おおっ!こういう心理はもちろん知ってがいたが、自分がそうなると再認識で、思わず風呂の中で「われ発見せり!」と叫びたくなるような気もする。ガリレオだ。ユーレカだ。

そんでどうするかは、また別の話で、これから考えんといかん。ずるずる考えよう。しかしなんですなあ、お布団の恋しい季節になりましたなあ。今朝なんかも、目覚ましは5時55分とかにセットしたけど、それを止めて、ブログ書くために5時55分におきるのもなあ、この布団の中にくるまれて、ほにゃほにゃとしたふわふわの幸福感にもっと浸りたいと思ってたら、8時になった。

いかん、いかん、もう起きねば。今朝は特に車の中に他に運ばねばならない作品載せているのでゆるゆる運転せんといかんし、時間かかる。でもしあわせ、あと5分。

ということで、8時8分ぐらいに起き出して、とりあえず一番懸念のブログを書いているのであった。しかし、朝おきて、一番の懸念がブログというのは、こんなことでよいのだろうか?まあいいやということで、どうでもよいことをまた書いていこう。たぶん、わしはこういうことは基本的にやはり好きなんだろうなあ。うむうむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »