« 愛の酸化 | トップページ | 恐怖の報酬 »

2008年6月18日 (水)

戦士の休息

男はだれもみな 孤独な戦士~

ああ懐かしい。ジョー山中が歌った。戦士の休息の一節。これは、「野生の証明」という映画の主題歌だった。高倉健が主演で、薬師丸ひろこのデビュー作。薬師丸ひろこかわいかったなあ。わしは高校生で、高倉健にすっかりしびれ、その後しばらく、「自分は~」と言っていた。さらに、高倉健は、タートルネックというか、ハイネックの黒いシャツを着ていて、これが格好良かった。その影響で、そういうシャツは今でもすきなのだ。

というように、今日は半分休み。休まんといけません。そんでブログでも書いている。

明日は夜中に還元焼成2連発。二子新地で夜9時から2時まで還元焼成やって、その後夜中の3時から朝の8時まで大倉山の窯で還元。ガス吸いすぎで、ますますあほになるなあ。

それに備えて、今日はゆったりすごすのだ。しかし、わしは戦士かね。何と戦っているのかな。

そういえば、来週から始まる土丸展だけど、考えてみたら自分の作品がない。こりゃいかん。仕方ないので、現在進行中の油滴天目の茶碗でも出しておこう。

油滴天目って、ブログに書いたかな。それも忘れてしまった。あったまてっかて~かだな。

とりあえず、何ヶ月か前に、書いたような気もする。いろいろ調べて、焼き方も工夫して、なんとか、まあ一応油滴ですなあというようなものはできるようになった。

生徒の作品も、そそのかして、かなり焼いた。たまにすばらしいのができるけど、確実とは言えない。せめて成功率60~70%くらいにしたい。

釉薬の濃度というか、作品に乗せる厚さが難しくて、以前から、これなんとかならんかなあと思っていた。釉薬の量が最適だと、きれいに焼けるけど、厚すぎても薄すぎてもうまくいかない。

なんか針のようなものを、釉薬をかけた上からさして、その厚みが測れる機械ないかしら、あるかもしれんけど、高いだろうしなあ。でもそれがあると、釉薬がけでの失敗が激減するなあ。今は、濃い目とか厚めにかけようと言ったり、3秒つけようとか、5秒つけようとか言っているのが、厚さ2ミリで、とかより具体的に変わる。釉薬の厚さ2ミリの場合の発色は、このようになり、1ミリだとこう。というように表せる。

ちょっと真剣に考えてみるか。ああ、いかん今日は休息をとらねば、考えてはいかんのだった。休み休み。

|

« 愛の酸化 | トップページ | 恐怖の報酬 »

コメント

疲れ切った男には、「戦士の休息」より、岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」の方が似合うと思うんですけどね。

【この都会は 戦場だから 
 男はみんな 傷を負った戦士 
 どうぞ心の 痛みをぬぐって 
 小さな子供の昔に帰って 
 熱い胸に 甘えて~♪】
って是非、奥さんに熱唱して貰って、眠って下さい(笑)

ところで、釉薬の厚保さを測定するのに、針を刺すのではピンホールが出来る可能性があるのでは?せっかくの塗膜が台無し・・・
それより、非破壊タイプの厚さ計で、釉掛け前と、後の厚さを測って差分を取れば、膜厚は分かるのでは?こんなの↓
http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/AD-3253.htm
本焼前の作品に、この厚さ計が使えるかどうかは知りませんが、多分、探せば対応している厚さ計ありますよ。

PS.なかなか、還元焼成は大変そうですねぇ。陶芸教室経営者、焼成中に、一酸化炭素中毒死・・・そうならないように、ご自愛下さい。

投稿: 匿名希望 | 2008年6月19日 (木) 00時20分

 以前、100均でプラスチックのノギスがあったように記憶しています。測定部に二次加工で発泡スチロールをかぶせます。素焼き後の直径の最大部をに計ります。釉掛け後の同一箇所を計ります。

 大-小÷2=厚み

 これで試作時の目安にはなると思いますが。更なる精度を求めるとすれば比重計とストップウォッチが必要かもしれません。

 今個人的に悩んでいるのが同様の土灰の内容です。素朴さが好きなのですが、相馬焼きのようには行きません。塗膜の推奨値などポイントを習得したいのですが。

投稿: 那須 | 2008年7月 3日 (木) 00時09分

 すみません。算数からかなり遠ざかっていて、式を間違えました。正解は

 (大-小)÷2=厚み

お詫びと訂正をさせて頂きます。ゴメンクサイ。


投稿: 那須 | 2008年7月 9日 (水) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/41568922

この記事へのトラックバック一覧です: 戦士の休息:

« 愛の酸化 | トップページ | 恐怖の報酬 »