« 年功序列 | トップページ | 展示会 »

2008年3月15日 (土)

銀河鉄道の夜

風邪を引いてしまった。月曜というか、日曜の夜、テレビの前で寝てしまい、朝起きたら風邪を引いていた。

月曜、そのまま教室に出て、風邪を引いたと言ったら、スタッフにおめでとうございますと言われてしまった。風邪引きたいと常々言っていたからな。

風邪を引くと、風邪だといって休めるので、風邪大好き。でもなかなかひけないので、くやしい思いをしていた。それがやっと引けたんだけど、実にタイミングが悪い。今週は忙しい。

それで休めず、風邪も治りきらず、ゆうべも窯たきで教室に泊まったりしていたら、今日は最悪。昼過ぎに、こりゃあ無理だと思って、「わし かえる。」と言って教室を放り出して家に帰ってきた。

昼からずっと寝ていて、さっき起きたら、けっこう調子が良い。もう治ったのかな。テレビをつけると、ニュースをやっている。寝台急行銀河がなくなるという。

ああ、銀河がなくなっちゃうのねと少し感慨にひたる。わしは鉄道ファンではないが、銀河は何度か乗ったことがある。

一番最初に乗ったのは、中学1年のとき。もう35年も前になるのか。そのときは、銀河は寝台車もあったが普通車両もあり、それに乗って、京都から東京に行ったのだ。

実は、その旅はけっこうたいそうなものだった。わしは中学のとき、信楽中学校の科学部というのに入っていた。小学校の時から警察署で剣道をやっていたが、中学校に剣道部がないので、じゃあ暇つぶしに科学部でも入ろうと思ったのだ。

その科学部、実は指導の先生がすごくて、わしが入った年は「モリアオガエルの生態研究」というのをやった。モリアオガエルというのは、木の上に卵を産むかえるですな。群馬だかどっかでは天然記念物になっている。それが信楽に住んでいるのだ。さすが田舎だ。

もともとカエルは好きだし、産卵時期など徹夜で池のほとりで観察したりして、大変楽しかった。そんで、その研究が表彰されて、その表彰式の為に、科学部全員東京ご招待されたのだ。たしか校長先生まで一緒だったと思う。わたしの記憶が確かならば、科学教育振興委員会賞というやつで、中学で日本3位にあたると聞いた。

冬だった。京都から銀河に乗った田舎もの中学生たちは興奮して寝られず、わしも当然寝られず、急行なのでけっこうあちこちの駅に止まる。止まるたびに、わしはホームを走りまくり、駅弁を買い求めた。たしかあの夜、駅弁5個ぐらい食ったような気がする。そのほかに名古屋駅では、きしめんを売っていて、ホームできしめん食ったのを覚えている。

校長先生があきれていた。校長先生は、京都で乗るときに、わしらに駅弁を差し入れてくれたが、その必要はなかったなあとか言っていた。それを含めての5個です。はい。

実は、銀河の思い出=駅弁 でそのほかに、明け方富士山の美しかったことをよく覚えている。

なんかしらんが朝に東京について、どこやらに寄ってから、会場がある新宿に行った。確か京王プラザホテルで、まだ高層ビルはほとんどなかった。

ホテルの会場につくと、全国から中学生どもが集まっている。そいつらが、なんかでっかい円卓に分かれて座っている。わしらは少し遅く着いたみたいだ。2組ほどに分けられて、他の中学生どもと同じ円卓についた。

円卓には、中華料理が置かれていた。エビチリというのですか。あれもあった。わしは当時まだ食ったことがなかった。とてつもなく豪華な料理に見えた。

演壇では、誰か偉い人が何かスピーチをしていたが、まったく聞いていない。それよりも気になっていたのは目の前のごちそうで、食っていいのかな?と思っていたら、先輩のひとりが、「中華料理は、食いたい人が食っていいんだ。ぐるぐる回るようになっているだろ、あれを回して、食いたいものをとるんだ。」とささやいた。

うひゃあと思って、さっそくめぼしいものをとって食いだした。なぜか他の中学生どもは手をださない。きっとおなかが空いていないのか、それとも緊張しているんだなと思って、ぐいぐい食い進む。エビチリ、おいしかったです。まだ覚えています。たまりません。

それで、わしらの円卓の食い物が信楽中学によってほぼ食い尽くされたころ、司会の人がこう言った。「それではお待たせしました。お料理をどうぞ。どうぞご歓談ください。」

わしらの円卓に座っていた他からきた中学生どもはすごい目でわしらをにらんでいた。そうかすまん。わしらが田舎ものだったのね。と思ったが、食ったものはどうしようもないわな。

というように、銀河鉄道の夜というタイトルとはまったく無縁の、また陶芸とはまたしてもまったく無縁のブログを書いて、風邪がなんか治ったのかどうかわからん夜をすごすのである。ああっと、わし宮沢賢治は大好きで、銀河鉄道の夜は20回以上読みましたけど、どうでもよいか。

|

« 年功序列 | トップページ | 展示会 »

コメント

なんともほほえましい少年時代をすごされた様子。 また、少々太めな体形の素養もすでにこのころから育まれていたのですね。

 自然あふれる環境(見たことがないモリアオガエルに合える)の中で、いずれ釜作りを体験できる日が来ることを期待します。

 産卵行動だけがクローズアップされるモリアオガエルって、普段はどういう生活を送っているのですか ?

 「科学部時代に培ったものが、釉薬の配合などに役立っているのかな。」と言う落ちが欲しかったです。

投稿: 那須 | 2008年3月19日 (水) 00時53分

那須さん こんばんわ
ずいぶんコメントへの返事が遅くなりました。

さて、これをほほえましいと言えば言えるのですが、本人からすると、かなり田舎ものじみて、ちょっと恥ずかしい。

そういえば、初めて国会議事堂に行った時、あの赤いじゅうたん、土足で歩いていいのかどうか迷ったのを思い出しました。

モリアオガエルは、普段はいたって普通のカエルです。当時、山のようにいっぱい飼っていました。

残念ながら、科学部時代に培ったものは、写真の撮り方だけで、それも現在のようにカメラが発達すると、ほとんど役に立たなくなりました。
残念

投稿: 土丸おやぢ | 2008年4月 1日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/40508431

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道の夜:

« 年功序列 | トップページ | 展示会 »