« ダイエットしてます | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

2008年3月 6日 (木)

年功序列

ゆうべ久しぶりに大学時代の友人から、飲もうというお誘いがあって新橋まで出かけた。

その友人とはけっこう会っているので、別にどうでもよかったが、卒業以来というか、めちゃくちゃ長いこと会っていない先輩が二人来るというので、懐かしくてでかけた。

一人は「健さん」 という。実家が富山で、現在も富山で仕事をしているが、何か用事があって東京に出てきたんだという。

健さんは、顔はおっかない先輩だった。でもマージャンの誘いは決して断らず、よくパチンコなども一緒に行った。

わしは、北海道大学の水産学部という、陶芸とはまるで関係のないとこを出ている。水産学部は、函館にあって、卒業して先輩を見送るのとかは、青函連絡船なのだ。これが実に風情があってすばらしい。

健さんの見送りはわしも行った。後輩の学生やら、わしもその中の一人だけど、見送りの中にいた。ところが驚いたことに、その見送りの団体の一部が、どう考えても学生ではない。それどころか、どうみてもかたぎではない人が何人かいて、健さんは、その人たちとも肩をたたいたり、握手をしたりしていた。

さすが健さんは違うなあ。すごいなあと素直に感心していた。

もう一人は、「松さん」という人で、マージャンやら競馬がなんかしらんけど、やたら強いというか、なかなか負けない人だった。たしか葛飾柴又出身じゃなかったかな。

松さんの予想はもっともらしく、その説得力のある予想にのって、おうまさんを何度か買ったが、ことごとくはずれた。ありゃ、そういえば学生さんは勝ち馬投票券買ってはいけないのだけど、時効だろう。

ところが、松さんはしっかり当たり馬券を持っているのだ。なんで??と思ったら、

「これは抑えだよ。ここを抑えとかなきゃあねえ。」とか真顔で言う。それなら、その抑えを教えてください。ひどいわひどいわ、という経験ばっかり。ゆうべも、それをほじくり返してなじったら、健さんと二人で、「抑えは教えられないんだよ。そういうものなんだよ。」とか逆に説教食らった。人生って、奥が深いわ。

後輩もいた。あっ!大山だと思ったら、踏んづけてしまった。まあ、後輩は踏んづけてよいのだ。そうだそうだ。

この先輩後輩というか、年功序列というのは実に面白い。わしの教室にも、実はわしの大学の大先輩が来ていて、何かと立てねばならない。その先輩は、もうかなりの年配者だが、先日その大先輩が、さらに先輩、なんと91歳の人に会ったのだと。したら、荷物持ちをさせられたんだと。まさか、あの歳になって、荷物持ちとは。人生って、何が起こるかわからないわ。

わしは年功序列。大好きなのだ。こんな平等なシステムは他にない。なんせ時間がたてば、自動的にえらくなっていく。そして、時間だけは、金持ちも貧乏人も、能力にかかわりなくまさに平等に過ぎていくのだ。

わしはいわゆる体育会系のクラブにずっといたので、そういうもんだと思っている。大学時代、笑ったのは、北大の応援団で、これは民主的だと自分たちでそう言っていた。何が民主的かと言うと、何かを決めるのは一応投票で決めるのだという。なんと一年生にも1票あるのだ。しかし、4年生は100票あるのだ。それで投票するのだという。なんと民主的な。

先輩にはへーこらし、後輩には威張りくさり、たいへん楽しい。

ゆうべも少し話していたが、何人かの先輩、特にM先輩とか、O先輩とかの名前で、「明日の朝、5時に○○に集合!」とか命令が下ったら、今でもそそくさと出かけていくであろう。そういうもんだな。

という感じで、楽しく過ごしたが、どうもおねえちゃんのいるお店方面に行きたそうなので、わしはさっさと帰ってきた。おねえちゃんのいるお店は苦手だ。面倒くさい。帰って寝るのだ。こういうおやぢもいるのだ。

|

« ダイエットしてます | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

コメント

ここだけの話、わしは、おねえちゃんのいる店がスキです。

投稿: ひまてん | 2008年3月 6日 (木) 13時25分

久しぶりの再会っていいですよね!
今だから言える話とか思いっきり
本音で話せて、また仲が深まったり。

人との出会いって自分の歴史みたいで
良い人と出会えたんだなぁって嬉しくなります。

男の人はお姉ちゃんの居るところで遊べて
時々羨ましいですけど。
女の人がお兄ちゃんの居るとこで遊ぶと
マジ?ってなるのは不平等な気がします。

投稿: きっちょむ | 2008年3月 7日 (金) 14時49分

 軟弱者の小生は、生まれた月日の違いだけでえばり腐られるのがいやで、体育会系は苦手でした。

 お姉ちゃんのいるところも苦手で、そのほうの映画すら見たことも無いと言うのは変わり者でしょうか。

 その昔、母から素人さんには手を出しちゃだめだと言われた記憶はありますが。

 今夜から(山)女とのデートに赴きます。またまたその昔に、お姉ちゃんから、どうせ1番が山女で二番目が釣り友達で、三番目が私なんでしょと言われ、否定できずにふられてしまった事を思い出しました。

 明日はふられないといいのですが。
 
 友達は大事だと思います。お姉ちゃんとは一生は付き合えないでしょうから。

 現在進行形ですが、趣味を通した人付き合いも、利害関係が無く、すがすがしく感じています。共感できるっていいものだと思います。

 

投稿: 那須 | 2008年3月 7日 (金) 20時26分

先輩が威張るは当然ですが、それにみあった、経験と知識を積んでおいて欲しいものですね~

後輩からの質問に「分かりません」なんて答えられると、余分に年月生きているのに、こんなことも知らないのか・・・と思ってしまう。

裏を返せば、後輩に威厳を張るためには自己鍛錬が必須で、歳を取るもの簡単じゃない気がします。

投稿: 匿名希望 | 2008年3月 7日 (金) 23時08分

ひまてんさん

そうですか。好きな人もたくさんいるから、お店があんなにあるのでしょうな。
ほどほどに行ってくださいませ。

きっちょむさん

学生時代の友人は気心が知れているので、たいへん楽です。かっこうつける必要もないし。

わしの場合は、特にかっこうつけないというか、
逆に貧乏を自慢しているので、何年か前に高校時代の友人と会ったら、
「わしらの歳で、平気でその年収を口にできるお前はすごい。」とほめられました。

そんで、その年収をお姉ちゃんのいる店で口にすると、おねえちゃんは決して近寄ってこなくなるので大変便利です。

お兄ちゃんのいる店は行ったことないので、よくわかりません。お姉ちゃんのいる店より行きたくありません。いやです。いやなのよ。


那須さん 

また山(女)で魚でしょうか。たいへんすばらしい。わしもどっちかというと、そっちのほうがいいです。
年功序列でいうと、威張るのは良いのですが、節度あるというか、遊びで威張るのです。
そこが面白いと思います。
先に生まれただけで、偉いわけなんてあるわけないですから。


匿名さん

う~む。匿名さんなら、会社等で妙に威張っている先輩に対してテロでも起こしそうだなあ。

威張らせておいてください。威張るだけなら、無害です。実害が出てきたら、駆除します。

投稿: 土丸おやぢ | 2008年3月10日 (月) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/40391838

この記事へのトラックバック一覧です: 年功序列:

« ダイエットしてます | トップページ | 銀河鉄道の夜 »