« またテルミン | トップページ | 陶芸の表現 »

2008年2月 5日 (火)

雪の道

この土曜の夜から日曜にかけて、雪が降った。少し積もった。

日曜の朝、目覚めて外を見て驚いた。天気予報、たまにはあたるんだ。雪降ってるよと感心した。

教室に行かねばならない。さすがに車では行けない。ノーマルタイヤだし。FFでも4WDでもないし。すると、バス停まで歩くので、長靴を久しぶりにだしてみた。ものすごいホコリがたまっていた。

長靴をはき、バス停まで三ッ池公園の脇を歩いていく。雪はまだ降り続き、少し重い雪なので傘をさしている。長靴の先から、冷気が足先に伝わってくる。そうだ、この感触。忘れていたけど、学生時代、北海道で何度も感じたこの感触。ゴム底の長靴は、冷たいのです。それが嫌なら、靴下を2枚はかねばならないんです。忘れていた。

三ッ池公園を見ると、森の中を雪が舞っている。けれど、音はしない。長靴で雪を踏みしめる音だけが聞こえる。雪が積もると、音は反射しなくて、雪に吸収されるので、ものすごく静かになるのです。

学生時代。長靴をはいて、靴下を2重にして、冬の北海道を毎年旅した。寒くて、寒くて、でもあまりつらいとは思わなかった。冬場はバスも走ってないことが多く、ずいぶん歩いた。

夜は、無人のバス停(寒いので小屋になっている)や無人駅に泊まった。金がないので、高い寝袋は買えなかったので、夏用の寝袋を2枚重ねで寝た。朝方、零下25度より下がるとさすがに寒くて、起き上がって足踏みをずっとしていて、夜明けを待っていた。

食事は、ガスバーナーでお湯を沸かし、ラーメンや雑煮を作って食べていた。零下15度より下がると、冬用の携帯ブタンガスでも温度が上がらなく、60度くらいのお湯しかできなくて、ぼそぼそのラーメンを食っていた。

サロベツ原野では、吹雪にまかれて死にそうになった。本当に1メートル先が見えない。どこからどこまでが道路かわからない。

サロマ湖だったかな。そこでは大きな木の下で夜休んだ。見上げると、満天の星が木になっているようで、たとえようもなく美しかった。

そんなことを思い出しながら、バス停まで歩き、バスに乗った。チェーンをはめたバスはがたごと動く。そうそう、この感じ。でも、道が凍結していないので、わりとスムースだ。北海道なら、道が凍結して、えらいゆれる。

外を見ると、人も家もみな寒そうだ。そうだ、でもわしは冬のこういう景色が一番好きなのだ。やはり一番好きな季節は冬だなあ。

これを書いているのは、火曜の早朝。さみしいことに雪はほとんど消えてしまっている。でも道は凍結しているので、朝、車を使えるかなあと考えながら、ちょっと外に確かめに行くかな。

|

« またテルミン | トップページ | 陶芸の表現 »

コメント

 北海道の冬、懐かしさを感じました。

 バス停でバスを待っていたら、反対車線のバス待ちの人の視線を感じる。暫く訳が解らないまま。そうか、傘を指している人がいないからだ。内地の人との認識からのことだと解る。

 出掛けた町で外出用のスノトレを買う。地元なら1万円前後のものが、必需品のせいか2千円程度でビックリ。

 夕暮れ時の帰り道、寒さしのぎにと走り始める。途端にほっぺたがチクチクする。シバレルという意味が解った気がした。

 鉛色の荒れ狂う日本海。そんな中でコマイ狙いの釣り人集団。はたまた人っ子一人居ない支笏湖の雪景色。千歳では雪のため乗るまでに1時間、飛ぶまでに1時間、何と2時間も待たされました。

 生まれて初めてのダイヤモンドダストの美しかったこと。夏とは違う北海道、確かに魅力的ですね。

投稿: 那須 | 2008年2月 6日 (水) 00時48分

今日も雪ですね。寒いけど雪は好きです!

雪が降ると子供の頃を思い出します。
なんか必死に遊び寝る食べるみたいな☆
今しか見えない方が逆に良かったりするのかな。

にしても雪が積もっても雪合戦してる子供の姿が
少なくなりましたねー。
雪だるまも少ない気がする。
なんか寂しい。


投稿: きっちょむ | 2008年2月 6日 (水) 12時50分

那須さん こんばんわ
北海道で釣ですか?

一度、真冬に小樽で早朝からカレイ釣に行ったことがあります。
むちゃくちゃ寒くて、さすがにつらくて、しかもカレイ釣って、面白くもなんともないの。

苦労して何匹か釣って、帰りに市場に寄ったら、一匹80円だかで売られていたので、死ぬほどがっかりしました。


きっちょむさん
雪が降ったら、なんといってもかまくらですよ。かまくら。
中はけっこう暖かく、なんか居心地がいいのです。
雪だるまといえば、札幌の雪祭りに2年連続で参加して雪像を作りました。あれは雪ではなく、シャーベットにして、はりつけるようにしたり、スコップでガジガジ削ったりするのです。

祭り前日になると、市の人が見回りに来て、できてないとはっぱかけられます。けっこうしんどかった。

投稿: 土丸おやぢ | 2008年2月 6日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/17961286

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の道:

« またテルミン | トップページ | 陶芸の表現 »