« ろくろの高さと腰痛 | トップページ | 雪の道 »

2008年1月31日 (木)

またテルミン

またテルミンだ。わしも懲りないな。

とりあえず、ご希望のあった写真を掲載。

Dsc02956 これがうちのテルミンだ。赤くて小さい。高さは12、3センチほどで、とても小さい音しか出してくれない。

テルミン博士が見たら、さぞ嘆くことであろう。

それで、なんでまたテルミン登場かと言うと、見たんです。ついに映画を。

今日は、また今年初めての完全休養日なので、うれしくてゆうべは遅くまでDVDを見ていた。この前、レンタルビデオ屋に行ったら、あったのです。「テルミン」という映画のDVDが!

それで、ゆうべベッドに入って暗い部屋で、映画テルミンを鑑賞した。なんの前知識もなかったので、実に良い。

インタビューと過去の映像を組み合わせたドキュメンタリーであった。テルミンというロシアというかソビエトの天才学者がテルミンという電子楽器を発明し、アメリカにやってくる。1930年代~40年代だと思う。アメリカではカーネギーホールとかでもテルミンを披露し、富と名声を得たようだ。

テルミン博士は男前で、テルミンだけではなく、いろいろな電子楽器やら設備を発明したらしい。インタビューでは、カラーテレビも完成していたようなことを言っていた。

しかも独身なので、女はほっとかない。最初、テルミンの奏者の若い女性とええかんじであったが、最終的には博士が発明した電子楽器を演奏するために呼んだ黒人のダンサーと結ばれる。その時代、白人男性と黒人女性の結婚というのはありえないとされていて、かなり友人を失ったらしい。

そうしたある日、テルミン博士は失踪する。ニューヨークの自宅から拉致され、ソビエトに連れて行かれたらしい。友人たちは、なんとか探そうと努力するが、まったく生死さえもわからない。

見る人がいるかもしれないので、中略

最後は、90歳を越し、年老いたテルミン博士と、やはり年老いたかつてのええ感じだった女性と連れ立ってニューヨークの街を歩いていくところで終わる。

なんかしらんが、人の一生というものをしみじみと感じさせる映画だった。

天才さえもこうなのだなあ。しみじみ。

しみじみしすぎたわしは寝れなくなり、次に「不都合な真実」まで見てしまった。これはご存知、アル・ゴアの地球温暖化に警鐘を鳴らす映画ですね。これまたドキュメンタリーだけど、しかしゴアはプレゼンがうまいなあと感心し、二酸化炭素を減らさねばならんなあと、これまた納得し、テルミンとゴアが夢に出てきそうで、支離滅裂な夜中であった。

映画では言ってなかったが、温暖化を防止するには二酸化炭素の排出量を減らすだけでは到底間に合わないだろう。だってすでに多量の二酸化炭素が大気中に出てしまっている。これは、減らさねばならない。

もはや到底自然の力というか、通常の植物の力では二酸化炭素をを減らせないと思う。こうなったら人間の知恵だ。人工的に光合成を行い、二酸化炭素を固定化でもせんとどうにもならんのではないか。

しかし、なんでテルミンが、人工光合成になるのか、これまた支離滅裂だが、人生とはそういうものなのだ。そうだそうだ。

|

« ろくろの高さと腰痛 | トップページ | 雪の道 »

コメント

石垣島では、先日テルミンライブがありました。
めちゃくちゃ行きたかったんだけど、行けなかった。

ちょうど、このおやぢブログで一回目のテルミンを話題にした直前。
もしかしてハヤッテル?とびっくりしました。


二酸化炭素を効率的に排出する(一酸化炭素も?)還元焼成、昨日やりました。

投稿: やまばれやすこ | 2008年1月31日 (木) 09時35分

はやってないと思います。

まったくはやっていません。

悲しいくらい・・

温暖化と陶芸については、またブログします。
ネタがない時にでも。

投稿: 土丸おやぢ | 2008年2月 2日 (土) 01時28分

姉の旦那が同じテルミンを買っていたので使わせてもらいました。
・・・・・。でした。
買わなくて良かったと思いました。

ちょっと違う。私のイメージしてた音と違った。

投稿: きっちょむ | 2008年2月 6日 (水) 12時40分

きっちょむさん

そうですか、鳴らしてみましたか。
そして買わなくて良かったと思ったんですね。

なんせわしは2分で飽きたので、その気持ちよくわかります。

わしは2600円出したんですよ・・

投稿: 土丸おやぢ | 2008年2月 6日 (水) 21時25分

ゲラゲラ。そうだ買ったんですよね土丸さんは。
うけるんですけど。ギャグですか?

私は1分も使わずに置きました。
雑音にしか聞こえませんでしたが・・。
ラジオのチューニング合ってないよって音だった。

投稿: きっちょむ | 2008年2月 7日 (木) 13時08分

きっちょむさん

テルミンは、ラジオのチューニングを合わせるときに、この楽器を思いついたそうです。つまり、先祖がえりしたわけで・・・

ええい。ギャグやないちゅーねん。
現在はただの赤いよくわからない、こじゃれたインテリアグッズとなっています。2600円。
むう。

投稿: 土丸おやぢ | 2008年2月 9日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/17903906

この記事へのトラックバック一覧です: またテルミン:

« ろくろの高さと腰痛 | トップページ | 雪の道 »