« 慣性からの脱却 | トップページ | 寄り道 »

2007年12月26日 (水)

Wonderful&Beautiful

何かすばらしいことを書きそうなタイトルだが、単にこういうタイトルの曲を聴きながら書いているだけのことであった。

さきほどから、クリスマスではあるが、うちのスタッフどもの源泉徴収票の作成にいそしんでいる。わりと机の前に長く座っているので、次から次へとCDをパソコンに入れて、せっせとITUNES(I-PODのソフト)に入れ込んでいる。

ほんで、それがやっと終わって、この冬というか年末に車の中で聴こうと思っている曲のリストを作る。

トップに来るのは、やはりこの時期、スノースマイルだろう。これはなんか冬の名曲。そんで次がタイトルの曲。誕生日に、スタッフからシングルもらった。おねだりしたからなあ。

それからも冬っぽい曲をずらずら並べていく。本当に冬なのかどうかはしらんが、わしが勝手にそう思っているので、それでいいのだ。さすがに波乗りジョニーはいかんなあ。

それから、山崎まさよしの曲も何曲か入れ込む。一月ほど前、深夜に再放送で山崎まさよしのカバーアルバムの中から歌っているのを聴いてから、けっこう気に入っている。これまた、スタッフの中ではまりこんでいるのがいるので、アルバム借りれた。少し研究するのだ。

この前の土曜日、今月でおめでたの為にやめるスタッフがいて、こいつは土丸創設時からいたので、さすがに記念品でも買おうと思って、自由が丘をさまよった。雑貨屋とかいろいろあったが、わしはスリッパを探していた。あったかそうなスリッパ。滑り止め付のやつ。これは昼間に、女性の生徒さんに相談して決めたのだ。わしは、何をあげていいのやらさっぱりわからんからな。

でもないのよ。雑貨屋は自由が丘だけあって、いっぱいあって、雑貨はいっぱいあるけど、スリッパがないのよ。トイレのスリッパしか見つかりません。トイレのスリッパはさすがにあげれません。かれこれ1時間以上歩いてくたびれ果てて、ぜんぜん予定外のものを買った。何かはいえません。恥ずかしいからな。

それから、そのスタッフに早速そのプレゼントを渡しに行った。なんとか泣かしてやりたかったが、うまいきめ台詞が浮かばずに、泣かせませんでした。ううん、残念。それどころか、また帰ってきたいというので、ぜんぜんかまわん。まあ、子供の首が座るまではだめだけど、それ以降ならOK。というか、背中に背負いながら教えるのはどうか?と聞いたら大笑いしていた。

わしはけっこうまじめに、子連れの講師がいてもよいのではないかと思っている。子供をあやしながら、生徒に教えるなんて、なんか素敵ではないか。だめかなあ。

それから、なんかくたびれて、大倉山の教室に鍋作品を取りに戻った。翌日、鍋作品だけ集めて、ちょっと温度を低くして焼くのだ。したら、あーた、大変ですがな。

教室は、グレムリン(懐かしいですな)みたいな生徒と女房様に占拠されていた。みんな酔っ払い。土曜日の生徒の一部で勝手忘年会をやり、さらに2次会を教室でこれまた勝手にやっておった。女房様が音頭をとって、大騒ぎしている。みんな、かなり酔っていて、人の話なんかききゃあしない。

ここに座れ!さあ飲め!と言われても、こちとら車だ。それで、わしはウーロン茶。ぐいぐいとウーロン茶を注いでくれる。ウーロン茶1リットル以上飲みました。2時間以上、しらふで付き合いました。わしって、えらいなあ。酔っ払いと互角に戦ったよ。

12時過ぎても、帰ろうとしないのを強引に終わらせて、さあ帰ろうとしても、外は雨だし、女房様に命じられて、わしはみなを車に乗せて、おうちに届けていく。一人、飲まない人がいると便利だと喜んでいる。くそー。

しまいには、誰とは言わんが、酔っ払って家がわからなくなってしまった人をうちに連れて帰る。2時だぜ。むう。まあ、こんなもんか。

かくして、わしの戦いは続き、Wonderful&Beautifulな日々は続くのである。明日というか、今日は女房様の誕生日になるので、これまた祭りになるのだ。むう。

なんか、本当にだらだらとしたブログだが、こんなもんだろうなあ。

|

« 慣性からの脱却 | トップページ | 寄り道 »

コメント

子連れ講師いいですね☆
皆でオムツかえて、皆で可愛がる。
なんかいい。いいです。

そいで何をあげたんですか?
ひざ掛け?帽子!?手袋!!


私は先日、好きな男子に陶芸教室で作った
緑色の「ぷちウンチ」を小さい小さい竹篭に
入れてあげました。

男子はWonderfuに喜んでくれました。
土丸さんも「ウンチ」じゃないよね?


投稿: きっちょむ | 2007年12月26日 (水) 16時14分

きっちょむさん まいど

ウンチはあげません。ウンチの話は大好きですが、それを作ったり、人にあげたりはしません。

ううむ。ウンチを好きな男にあげるとは!
なんと大胆な!やるなあ きっちょむ。

私があげたのはですねえ。
ううむ やっぱり恥ずかしい。
その店内は、男ばっかりで、クリスマスのプレゼントにするんでしょうなあ。みんな真剣に品定めしてました。
私は、すみません、2分で決めました。
買い物するときはいつもそうなんです。

瞬買いです。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年12月29日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/17481618

この記事へのトラックバック一覧です: Wonderful&Beautiful:

« 慣性からの脱却 | トップページ | 寄り道 »