« 釉薬の誘惑 | トップページ | 発作 »

2007年10月10日 (水)

シンクロニシティー

格好良いタイトルだ。昔、ポリスというバンドにこんな曲があったなあ。

わたしの記憶が確かならば、シンクロニシティーというのは、ユングの心理学に出てくる、無意識における同期というような意味であった。なんと教養高いではないか。

まあ、一つの出来事ならば、偶然といえるけれど、それが同じ時期に2つ3つと重なると、もはや偶然とは言えず、必然に近いというようなことだな。

現在、それは「天目」しかも「油滴天目」というやつだ。おおざっぱに言うと、天目というのは、鉄分の多い黒い釉薬がかかった茶碗等のことですね。それで、油滴天目というのは、その黒い表面に、金色や銀色の結晶が美しく出たもの。

2,3ヶ月前に、自由が丘教室のある生徒さんから、「油滴天目」がやりたいと言われた。それだけなら、あらそう。で終わるかもしれないが、(その人が読んでるかもしれないから、訂正。いいえ決して終わりません。はい)その後立て続けに、別の教室の別の人から、油滴天目のことを聞かれた。

さらに、これまた全然別のある人から、「わたしは使わないから、よかったら使ってみてください。」ということで、油滴天目の釉薬を貰った。あんまり量も多くないし、どういうレシピかわからないので、教室で使うわけにはいかん。だって、すごく具合が良くても、レシピがわからんと再現できないからな。でもきっかけにはなる。

ここまで揃えば、シンクロニシティーだろう。実は、わしは油滴天目にはまったく興味がなかったが、やらねばなるまい。そうなれば、毎度のことだが、中華街の教室のカリキュラムに組み込んでしまうのだ。天目をやると決めてしまう。そうすれば、いやが上にも、やるだろう。

ということで、最近天目の本を読み、天目茶碗の写真を眺め、あーでもないこーでもない等々考えたりしている。ううむ。陶芸教室のおやぢっぽいなあ。素敵!

それで天目茶碗の写真をしみじみと眺め、黒ってやっぱりきれいだなあと感嘆。

以前、静嘉堂文庫たらいう美術館に曜変天目の茶碗を見に行ったことがある。その時は、「ちっちゃいなあ。きらきらしとるなあ。」ぐらいの感想で、ほとんど小学生並みのことしか感じなかった。

しみじみ写真を眺めると、やはり黒が効いている。というか、黒が効いていないと、油滴にせよ何にせよ美しくない。

油滴天目って、なんでこんなになるんだろうと調べると、釉薬が溶けるころに温度をせっせと上げると、釉薬中に発生したガスが抜け、そこに小さな凹みができる。そこに鉄が集まり、結晶化するらしい。

ということは、攻め炊きの1100度から1200度はけっこう早く上げ、その後結晶化がうまく進むように、ゆっくりと温度を下げねばならない。さらには、釉薬自体にもかなりの粘りが必要になるなあ。

というようなことを考えながら、今日の昼に釉薬を作り、小さな実験窯の焼成パターンをプログラムし、スタートしてきたのだ。あさってが楽しみだあ。と言いながら、これで5度目くらいの実験焼成だ。たぶん、あと5回くらいやれば、けっこうまともなもんができるような気がする。まあ、気がするだけだけど。

うまく焼けたら、写真を載せよう。ここまで読んで、気づいた人がいるかもしれんが、陶芸教室のおやぢと言えども、知らんことはいっぱいあって、生徒から言われて勉強するのだ。世の中に知らないことはいっぱいあるのだ。そして、わしは自分が知らないことを知っているのである。これまた実に哲学的ではないか。ソクラテスである。ううむ。今回は、秋ということもあり、実に教養高くまとめて実に満足。

|

« 釉薬の誘惑 | トップページ | 発作 »

コメント

金や銀ですか?へーそんなのがあるとは。
キレイだろうな~。

竹内結子も偶然が3回続くと偶然じゃないって
言っていましたよ。
土丸さんは、それをパクったのかと思いました(笑)

竹内結子より哲学的で教養の高さを感じました。
生意気いってスイマセン。


投稿: きっちょむ | 2007年10月10日 (水) 17時50分

多分、今回のブログは来る「曜変天目」作成へのネタ振りなんだろなー。

凄いなー、カリキュラムに「曜変天目」のある陶芸教室

国宝級がお手軽に!なんて、キャッチフレーズの陶芸教室、凄いなー。

また、自分でハードル上げちゃいましたね~

投稿: 匿名希望 | 2007年10月12日 (金) 23時02分

 教養高い教室で、癒し(格闘?)の時間を持てる。そんな幸せに浸れる人の増えることがなによりかと。

 初心者から教室のおやぢ殿まで、課題と達成感を次々得られる奥深さが最大の魅力なのでしょうか。
 
 遊び心を大切に、感性に導かれるまま、成形、釉薬、焼成の三位が一体となる必然を目指して手探りを続けて行きたいものです。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年10月14日 (日) 00時53分

きっちょむさん

そうですか。竹内結子がそう言ってましたか。ユングより、竹内結子の方が絶対良いです。
わし、けっこう好きです。しかし、なんか最近彼女顔がきつくなってきたような・・

いろいろあるんでしょうねえ。


匿名さん

曜変天目、できませんから。
ハードル上げてないちゅうの。


那須さん

教室のあちこちに、わしの教養のたかさの一端を示すようなものがあると思います。
なぜか更衣室には、いつしかマンガ本のボックスができていて、わしのマンガが勝手に貸し出し自由になっているし・・
むう。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年10月16日 (火) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16716581

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロニシティー:

« 釉薬の誘惑 | トップページ | 発作 »