« 発作 | トップページ | 服 »

2007年10月25日 (木)

ポアンカレとサザビーズ

昨日、録画していた気になる番組を見ていた。大変面白かったのはポアンカレ予想の話。

数学上の世紀の難問、ポアンカレ予想を解いたロシアの学者が、それによって本来得られる栄誉や賞を辞退し、隠遁してしまった。なんでじゃ?という話で、ポアンカレ予想自体は、宇宙の形を知るためのものらしく、宇宙の形はどうでもいいと思っている、わしやあなたにとってはそれ自体はどうでもええ。

それよりも、100年以上誰も解けなかった謎を解いた人が、現在も生きていて、隠遁している。こちらにこころ惹かれるものがある。わしは、隠遁したくないよ。わし、人間好きだもの。だから、どんな人なのか、一度お話ししてみたい。むこうは隠遁するぐらいだから、このような野次馬根性丸出しのおやぢとは話したくないだろうなあ。

その前に、アートをビジネスにする話を見た。実はこの二つのテレビ番組があまりに好対照で、ちょっと考え込んでしまった。

現代アート、特に絵画は金になるらしい。特に中国はすごいらしい。なんだかよくわからん絵がものすごい値段で売買されている。

当然、その絵が好きな人より、その絵の値段に興味がある人がむらがり、値段をつり上げていく。特にあのサザビーズのアートの判断基準はずばり「価格」。そりゃそうかもしれんけど、そこまであからさまにやられるとなんだかなあ。

アートというのは日本語では「芸術」だ。つまり、「芸」と「術」ね。人の手にかかって、人のわざがなんらかの素材を昇華させるのだ。それで、現代アートというのが、かなりとっつきにくい、わかりにくいと思っている人が多いのは、まずは「慣れ」の問題だと思う。

慣れてないので、なんだなんだこれは????ということになるのだと思う。そういうわしも、ちょっと見て、なんだなんだこれは???ということは非常によくある。今まで一番???になったのは、たしかオノ・ヨーコの作品だった。サンフランシスコで見たが、果てしなく???になった。作品自体はもう忘れたけど、そのとまどいの感覚は覚えているので、そういう意味では、オノ・ヨーコはすごいのかもしれん。

しかし、好きかというと、あまり好きになれないものがたくさんある。それは「芸」も「術」も感じられないからで、思いつきだろ、これは。もう少し考えてよねと言いたくなる。

特に空間配置系の作品がそうで、そりゃあアーティストで、感性でやるのは良いけど、もう少し考えろよとおやぢはぶつぶつ文句を言うのだ。そうだどうせわしの感覚は古い。古くてけっこう。

なんか、今回のブログは、話がよれまくっているな。アートしてるかも。

まあ、わしはそのアートとビジネスのテレビを見て、現在は絵画が主体だけど、これがやきものに来ないのかなあ。したら、オブジェ系の作品作るやつももう少し食えるようになるなあなどという感じで見ていたのだ。

それで、その番組の中で、有名画家を発掘し売り出す力のあるギャラリーのオーナーが出てきて、やはりビジネスというか、お金というものを意識せざるをえないみたいなことを言っていた。それは、あなたギャラリーのオーナーだもん。あたりまえだわ。

それで、その後で、栄誉も何もかも捨ててしまった天才数学者の話を見たもんだから、わしの古い頭では、どちらかというと、その数学者の方がはるかにアーティストで、なんかすっかり混乱してしまったのであった。おしまい。

|

« 発作 | トップページ | 服 »

コメント

 ポアンカレ予想の証明見てました。

 二次元で解けないものが三次元では解けるところあたりまではフムフムという思いでしたが、所詮我輩とは次元が違うとの感想で終わってしまいました。

 救われたのは親しかった友人にも隠遁のわけが解らずじまいの彼が新たな目標を見出したようだとのことでした。

 また、絵画は2次元で陶芸は三次元であることから、具現化しやすい割には表現の幅を感じることが出来ず、具象的なものが少ないことでに見る者からすると、理解し辛いというか想像力を働かせ辛くなっているような気がします。もっといろんな物があってもいいような。

 でも結局は良く解りません。アートどれぐらいで解るのでしょうか。

投稿: 那須 | 2007年10月26日 (金) 02時03分

那須さん こんばんわ

そうですか、見てましたか。
そうですね、何か新しく興味のあることを見つけたらしいというところで終わっていましたね。

何に興味を持ったんでしょう。なんか知りたいですね。

陶芸の表現についてですが、実はわしもよくわかりません。わしがこんなこと言って良いのかどうか、でもやっぱり実はよくわからない。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年10月28日 (日) 03時50分

私も学者の方がハッピーな爺してるように感じました。

どうなんでしょうねぇ。金に縛られて出来るモと
単純にだって好きなんだもーん♪と。
仕事かどうかの差なのかな。

芸術には自由さを感じないとダメな私にはちと難しい話じゃね。

投稿: きっちょむ | 2007年10月29日 (月) 14時40分

きっちょむさん こんばんわ

わしにもちと難しい話で、本人もよくわかっていないので、どうしようもなくまことに申し訳ない。

しかしまあ、実は両方とも仕事は仕事なので、これまた難しい話になっていくような気がする。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年10月29日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16866297

この記事へのトラックバック一覧です: ポアンカレとサザビーズ:

« 発作 | トップページ | 服 »