« 忘却とは忘れること | トップページ | 釉薬の誘惑 »

2007年9月30日 (日)

暇あり

わしはいま、大変ひまだ。

10月5日の金曜日から、7日の日曜日まで、わしが教えている「かながわ社会保険センター」で文化祭というのをやる。ここは陶芸だけでなく、それこそいろんな講座があるが、その発表会みたいなもんですね。

それで、そこに出して展示する生徒さんの作品を焼かねばならん。今日あたりに2窯焼いておかねば間に合わない。

そこで、昨日一窯詰めて、還元焼成のために今朝やってきた。朝の7時につきました。当然誰もおらん。というか、ここは第5日曜日は休館日で、建物自体が開いていない。

幸いというか、不幸というか、窯は別の小屋にあり、ここは出入りできる。そこでやってきて、ガスに火をつけ、還元を始めたのだが、雨だ。

焼成には関係ないけど、ほぼ何にもできない。コテとか道具でも作るかと思っていたが、雨で外で作業はできん。小屋の中は、還元で一酸化炭素のにおいがして、長い時間はおれない。建物が開いていれば、中に入って土でもさわれるが、それもできん。むう。

新聞はもう読んでしまった。わしのケータイは、ワンセグのテレビが見れるので、さっきまで仮面ライダー電王を見ていた。それも終わって、さすがにプリキュアは見る気がしない。

それなら、こうやってパソコン車の中でパソコンでもやってれば良いと思うが、バッテリーがあと55分で切れる。むう。したがって、これを書いたら、まもなくさらに暇になる。

仮面ライダーの話でも書くか。実は、これけっこう面白い。毎週、欠かさず見ております。最近は仮面ライダーは1年ごとに、新しいシリーズをやっている。去年は仮面ライダーカブトというやつで、主人公はものすごい俺様だったが、今年は正反対。まったく自信なく、運がない情けない少年が主人公。

その少年が、時間の運行を守るために、まあ怪人と戦うわけだ。今年は時間がテーマになっている。それはそれで面白いが、主人公の電王とともに戦う、仮面ライダーゼロノスというのがいて、これが実に切ない。

桜井君というのが、ゼロノスに変身するためには、カードがいる。このカードは限りがある。カードを使うたびに、あるものを消費していくのだ。先週、いったんはカードを使い切ってしまった。

そのあるものとは、人々の記憶。カードを使うたびに、人々から桜井君に関する記憶が消えていくのだ。戦って、今の平和を守れば守るほど、人々から忘れ去られていくのだ。

桜井君が、どれだけ大切に思って、守っても、その守られた人は桜井君を忘れていくのだ。こんな切ない話があるだろうか。桜井君は、ものすごく偉い。

しかし、こんなに桜井君をほめちぎっているということは、わしは本当に暇なんだな。と言っている内に、バッテリーは残り45分になった。やはり、物事にはすべて限りがあるのだ。切ないなあ。

先日、義父の墓参りに行った。墓は相模原にあり、けっこう遠い。その帰り、道がけっこう混んでいて、助手席に座っている女房様は、ひまでひまで、道ばたの看板やらお店に難癖つけて遊んでいた。

ついには、ある家具屋の看板(ニトリ)を見つけて、「ホームファッション ニワトリ」とか言って、一人でゲタゲタ笑っていた。横で寝られるより良いでしょう?と強圧的に聞いてくるので、そうですね。まったく助かりますと答える。

わしも、その時、笑ったが、どうもわしの今の状態は、ホームファッションニワトリ以下の様な気がする。ニトリの人、本当にすみません。でも、しゃれで、ニトリの隣にニワトリというなんかよくわからないお店をつくったら、ものすごいインパクトあると思います。本当に暇だな。残り38分。活動限界が近づいてきました。

|

« 忘却とは忘れること | トップページ | 釉薬の誘惑 »

コメント

仮面ライダーシリーズって、そんなに哲学的だとは知らなかった。

人々の記憶から自分が消えていくなんて、かなりショッキングな設定ですね。

自分のことを認識できるのは、自分しかいないってことでしょ?

すごい設定だあ。
感動しました。本ちゃん見てないけど。

投稿: やまばれやすこ | 2007年9月30日 (日) 19時11分

 ごめんくさい。

 我が家は結構ニワトリが気に入っています。デザインも豊富だし何より安いので。

 仮面ライダーは初代の変身以降は見てませんでした。今度覗いてみます。
 
 TVの見方ってみんなそれぞれですね。我輩はCMの表現力に感心させられてます。FedExのゼンマイのおもちゃなんか結構気に入っています。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年10月 1日 (月) 00時38分

こんにちは。
もし私が桜井君を好きになっても忘れてしまうんですね。

桜井君は子供に何を伝えたいのでしょうね。
暇なオジサンがいるんだよって言いたいのでしょうか。
なんとも切のうございますな。

私もこないだの土日は雨で暇でした。
雨の中、亀の水換えをして1人で怒っていましたよ。
昼寝すると夜寝れないし。暇って良くないです。

投稿: きっちょむ | 2007年10月 2日 (火) 14時07分

やまばれさん
えっと、別に哲学的ではないような気がします。
でも、たしかにこの設定はすごいので、桜井君が主人公を食いそうな勢いです。


那須さん おはようございます
別に、覗く必要はないような気もします。日曜の朝早いし、さらには途中から見たら、さっぱりわけがわからんのじゃないだろうか。

今回のライダーは、設定やストーリーは面白いのですが、戦闘シーンはいまいちです。昨年の仮面ライダーカブトは戦闘シーンがめちゃくちゃ格好よかった。ライダーは、格好よくなきゃね。

そういえば、某北欧の安売り家具屋より、わしはニワトリの方がはるかに良いと思います。北欧の家具安売り王へはわしは二度と行きたくない。


きっちょむさん おはようございます
そうです。たとえ、あなたがどんなに桜井君を好きになっても忘れてしまうのです。

ちなみに桜井君は、かなり格好良いです。たぶん亀より格好良いと思います。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年10月 3日 (水) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16615474

この記事へのトラックバック一覧です: 暇あり:

« 忘却とは忘れること | トップページ | 釉薬の誘惑 »