« さらばネコよ | トップページ | 暇あり »

2007年9月21日 (金)

忘却とは忘れること

わしはよく忘れる。片っ端から忘れる。これでもかと忘れる。

教室が4つあって、それぞれに「あれがないこれがないあれ買ってこれ買って。」と言われると、たいがいほいほいと安請け合いをするが、みな忘れる。

生徒さんに、ああいうものが作りたいと言われ、それじゃあ、こういう土が最適だから、来週持ってくると言っていたら、やはりこれも忘れる。

昨日も、二子新地の教室で約束していた五斗蒔土の赤を持っていくのを忘れていた。さいわいにも、その約束した生徒さん自身がお休みだったので、わしのもの忘れは露見せずにすんだ。

実は、これではいかんと思い、1週間ほど前に、100円ショップに行ったときに、ノートを買った。そのノートに全部書いていこうとしたのだ。それで、順調にそのノートに、持って行かねばならないものとか、やらなければならないことを書きまくり、こりゃあいいぞと思って、よろこんでいたら、そのノートをどこにおいたかわからない。

もともと、メモだとかだと間違いなくなくす。自慢じゃないが、これはなくなる。そこで少し大きめのノートにしたのだ。ノートだったら、なくさないだろうと、これがなくなるんですねえ。不思議だ。どこにノートおいたんだろう?さっぱりわからない。

例えば、窯仕事をしていて、ああそうだった、あれを今やっておかねばと思って教室に行く。教室に来て、手袋をとって、やろうと思っていることをやりに、歩いていると、生徒に呼び止められる。「これ、どうしたらいいんですか?」それに答えていると、もう何をしに来たか忘れている。

「わしはいったい何をしに来たんでしょう?」と生徒さんに聞くと、たいていは、もとの場所に戻れば思い出すとか言われ、とりあえず窯の前に戻ってみる。そこで思い出せばよいし、思い出さなければ、まあきっと大事なことではないんだなと決めつけて、とりあえずなかったことにする。

そこで、じゃあ窯仕事再開するかと思うと、今度は手袋がない!さっき、ぬいでどこかにおいたのだが、それがどこかわからない。むう。

こんなことで良いのであろうか?良いわけはない。そこで、うちのスタッフには、わしへのt連絡は極力、携帯メールでもらうようにしている。これだと、携帯さえ持っていれば、いくらでも後から確認できるから安心だ。

今のところ、携帯はなくしたことない。これをなくすようになれば、わしもそろそろ終わりであろう。しかし、ノートはどこに行ったのかなあ?

|

« さらばネコよ | トップページ | 暇あり »

コメント

 まだまだですね。忘れたことを忘れられるようになれば本物です。

 本日父の入院先から電話が入り様子を見に行くと、さすが我がおやじ、生きてきたことすら忘れる寸前にまで至っておりました。

 そんな父が、浪人中釣りに行くべくこっそり家を抜け出そうとした我輩に浴びせた鉄拳制裁、にもかかわらず勤めに出た父を確認して釣りに行ってしまったことが思い出されます。
 
 おやじごめん!出直したことは知る由もないと思います。世の中には真実を知らないほうが幸せなこともあるものなのですね。

 馬鹿息子万歳。これでいいのだろうか。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年9月21日 (金) 22時56分

那須さん 

なるほど!忘れるたことを忘れるようにこれから努力します。

そうすれば、いろんな心配事がなくなるなあ。
これはすごいわざだ。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年9月23日 (日) 09時29分

忘れたい事ほど覚えているものなので、
忘れたい忘れたいと思えば覚えているかもしれませんね。

私もよくありますよ。冷蔵庫にゴミを入れ、ゴミ箱に必要なものを捨てたこともあります。
多分、途中で何か邪念が入ったに違いありません。


投稿: きっちょむ | 2007年9月25日 (火) 16時28分

きっちょむさん こんばんわ

わしは陶芸教室を始める前、まだスーツを着ていた時、酔っぱらって帰ってきて、なぜかスーツを冷蔵庫にしまったことがあります。

明くる朝、スーツが見あたらないので、あせっていて、冷蔵庫をあけたら、きちんとたたんで入れてありました。

夏だったので、いい具合に冷えていて、着るとき快適でした。

これはもの忘れと言うより、ただの酔っぱらい。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年9月27日 (木) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16518829

この記事へのトラックバック一覧です: 忘却とは忘れること:

« さらばネコよ | トップページ | 暇あり »