« なんかまた猫がきた2 | トップページ | 忘却とは忘れること »

2007年9月18日 (火)

さらばネコよ

ネコが行ってしまった。先週の土曜日、貰い手がついてしまった。

まるで残念かのような書き方だが、ぜんぜんそんなことはない。

残念なのは、うちの犬であろう。ツナヨシという、うちの犬は、なぜかネコが好きで、この子猫がえらく気に入り、部屋でネコがうろちょろしていると、自分の足の間におさめて、ぺろぺろなめてあげていた。

ネコがまたどっかに行こうとすると、やさしく耳とか首のあたりをかんで、自分の方にひっぱりまたぺろぺろ。

ひどいときは、ネコはもうべちょべちょ。

ネコが部屋の隅っこあたりに潜んでいると、「ツナヨシ!ネコは?ネコはどこ?」と言うと捜すのである。ネコはどこだろうと。

土曜日に、ネコが貰われていくと、ツナヨシは玄関でしばらく待っていたらしい。ネコがいないのがわかったのか。玄関で待っていたのだ。

さらに、部屋にいると、時々ネコを捜すのだ。ネコがよく隠れていた椅子の下とか、部屋の隅っこのカーテンの陰とか、鼻をつっこんでくんくんやっている。ううむ。なんか気の毒。

しかし、お前に必要なのは、ネコではなく、どちらかというと同じ犬の嫁はんなんだけどなあ。

子供ができたら、是非欲しいと言う人が何人かいる。そろそろ、嫁を捜してやった方がいいかなあ。

Image176 ネコの貰い手がなかなかつかなかったので、このブログでもかわいい写真を載せまくり、貰い手を捜してやろうと思っていた。何枚か写真をとったが、この写真など、見た人すべてが「きゃわいい」と叫ぶキラーピクチャーであった。

貰い手がついたので、もう必要ないのだが、せっかくなので載せてやれ。

ということで、ネコよさらばなのだった。

|

« なんかまた猫がきた2 | トップページ | 忘却とは忘れること »

コメント

切ねぇです。もう動物の話はどうしてこんなにも切ないのって。

人間も動物も好きだけじゃやっていけんのですな。
ツナヨシも結婚せんといけませんし。

にしても猫の面倒をみるなんて優しい男だと思いました。
私が犬なら結婚したいです。

投稿: きっちょむ | 2007年9月18日 (火) 12時20分

 来ては去る、主人公が主人公だけにマタタビ物というところでしょうか。結末として、早く里親がミッケられすキャットして良かったですね。
 今度招き猫にでもチャレンジしてみようかな。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年9月18日 (火) 23時02分

きっちょむさん
 
けっけっこんですか・・
むう。やさしい男が良いのですか

しかし、女房様に聞いてみたところ、
知らない女にツナヨシはやれんと言われました。
まことにすみません。

那須さん
おやぢ爆発ですな。わしもがんばります。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年9月19日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16484190

この記事へのトラックバック一覧です: さらばネコよ:

« なんかまた猫がきた2 | トップページ | 忘却とは忘れること »