« 五体 | トップページ | 焼きチキンのすすめ »

2007年8月28日 (火)

夏の終わりに

まだまだ暑い日が続くが、夏も終わりだなと思う今日この頃。わしの陶芸教室の夏もそろそろ終わりだな。

夏は陶芸教室にとって、どうにもこうにもならない季節だ。窯を炊くと、暑いのがますます暑いし、生徒もお休みをどんどんとる。夏は出歩くのもおっくうになるので、それはそれで仕方ないし、子供が夏休みで家にいるので、ごはんを作らねばならない。これまた仕方ない。子供はごはんを食べるからな。

それで、まあ仕方ないとか言っていると、教室の売上もどんどん減るのである。これはまあ仕方ないことではあるが、それをほっておくと、経営者としては失格になる。

わしは、まあ多少の対策は打っていたが、ほとんど野放し状態でここまでやってきた。しかし、いかんなあ、このままじゃあ。

わしは、自分の陶芸教室は自由が良いと思っている。しばりというか、ルールは極力少なく、善意と常識で判断する。しかし、教室が増えると、そうも言ってられなくなってきた。

これは、わしとしてはとてもさみしいことなのだ。今回のブログはかなりしんみりである。

なんとかするというのは、教室としての自由度が減ることになる。ガチガチにしてしまうと、そもそも教室を始めた意味がなくなる。極力自由を残しながら、教室として成り立たつようなバランスを探らねばならない。むう。

なんか、そろそろ普通の陶芸教室みたいになっていく必要があるのかなと今年の始めくらいから考え始め、ついにあれほど嫌っていた口座振替を始めた。

これをもう少し広めなければならない。それと同時に、生徒がもっと来たくなるような教室にせねばならない。むう。

土丸は、わしはわりといい教室だと思っているが、とても良い教室にはまだ遠いとは思っている。ただ、わしはわりといい教室と思っているが、生徒から見たらそうでもないのかもしれない。

教室やスタッフにとっても、生徒にとっても良い状態を作るのは、どないすべえかとただただ考え、ブログるわしであった。なんせ、この時期たいへんなのよ。すっかり寅さんに出てくるタコ社長になっているのであった。このタコ!

|

« 五体 | トップページ | 焼きチキンのすすめ »

コメント

オーナー様

こんにちは。夏も終わりですね~。
ところで、経営する事は大変ですね。

確かに夏や冬などは生徒さんもいろいろなご事情でお休みする事が多くなりますよね。

こちらの教室は生徒が自発的に来て、自由に作品を作り、その時間を楽しみに来られる方も多いはず。
私もそうです。

自由だから来やすい。→生徒が定着する。
縛りがあると、それに対応出来ない生徒も出てくるのではないでしょうか?

しかし、売上を伸ばすと言う事を考えると生徒の人数を増やすよりも、何か付加価値を付けて個人の消費する金額を上げたいですね。

たとえば土も一部少し高い土を設定するとか、特別なイベントで先生を呼んでご指導を受けるとか・・・・

今までもオーナーがされていた事かもしれません。
あまり急に売上!売上となると生徒も逃げると思うので難しいですね。

ところで、にゃんまるは今はビンボーなのでがちがちにされると困ってしまうのでした。

にゃんまる


投稿: にゃ | 2007年8月28日 (火) 11時30分

売上を上げるとなると何かしら自己犠牲ってものが出てきますもんね。

どこに属してもルールってあるし、趣味くらいは
極力自由なところで楽しめるのが一番ですけどね。。

レベルやコースに合った納得できるルールを作るのがいいのかなぁ~。
なんとも胃が痛む話です。
生徒さんより先に土丸さんが嫌にならないで下さいね☆

投稿: きっちょむ | 2007年8月28日 (火) 12時44分

夏は陶芸には良い季節と思うのですが・・・水は温いし、釉掛けしても、直ぐ乾くし、冬より全然いいと思いますが、ただ、蚊が多いのが難点。

窯出しは大変そうですがね、私には関係無しなので、無問題。

売上ですか、どこの世界も頭が痛い問題ですよねー。

素焼が終わった作品を売るとか、どうです?たまに、釉掛け用のテストピースで欲しくなることがあります。湯のみとか、需要ないかな?自分で作るには時間が勿体ないんですよね。鋳込みで作れば、時間もかからないのでは?

それと、もう少し作りたくなるような作品を教室に展示するとか如何?もちろん、利率を考えて、粘土多め&高めの作品で、皆を誘導する!(笑)

そこで、前から思ってるんですが、土丸のスタッフが作った作品を置いておくのは如何?もちろん自信作・値札付きで。
こちらも、スタッフの力量&作風を知れますし、次に超えるべき目標も出来るってものです。目標があれば定着率も上がるでしょう。さらに、気に入った作風の、人の曜日&教室に習いに行くことも出来ますし。
年1回の土丸展だけじゃ、いまいち分からない・・・てか、土丸展の作品ってスタッフのより、生徒の方が気合入ってるように見えるのですど・・・

投稿: 匿名希望 | 2007年8月28日 (火) 20時52分

にゃんまるさん きっちょむさん 匿名さん
おはようございます。

なんか心配掛けているような・・

わしは基本的には売上を求めてません。そんなんだったら、陶芸教室なんか始めてないもんね。

けどまあ、教室維持には金が必要なんで
いわゆるsome moneyっちゅうやつやね。

そんで、自由にやってきております。ちなみに、土丸発足時は、現在よりもさらに自由で安かった。そんで一度つぶれかけたのでした。

まあ、ほぼ10年の経験で、自由は必要だが、放任はいかん。そのバランスをどうとるかが難しい。というような感じです。

生徒さん、一人一人の売上を伸ばすことは、あまり考えていません。一部、高い土(備前)もありますが、みんな財布には限りがあるので、あまり趣味ごとばかりにお金を使えません。

まあ、いろいろ考えますわ

投稿: 土丸おやぢ | 2007年8月29日 (水) 08時07分

私め、教室の自由度が大変気に入って、通わせて頂いております。おやぢ殿に心労を重ねさせているたぐいの、否皆勤賞を頂ける生徒ですが。
 
 投稿を拝見させて頂いて、先生の作品を展示することで創作意欲を刺激するのは賛成ですし、生徒の作品に第八回土丸賞(DIY店のパクリ?)など

というのは如何なものでしょうか。展示会における批評会(当然甘口?)なども刺激になるような気がします。また、大好きと聞いているパーチーな

ども親睦の意味では大事だと思います。せっかくの気持ちからもう一つとして、備前に挑む(企画の教室)の開催など・・・。

 内向きなものばかりですみません。そんなことみんな考え済みですよね。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年9月 1日 (土) 12時54分

那須さん ああ 誰だかわかった。
Sさんに違いない。

まあ、楽しく企画を練っていきましょう

投稿: 土丸おやぢ | 2007年9月 3日 (月) 07時35分

 そう(うそ)です私はSです。でもノーマルだと思いますけど。外向きなこと一つだけ思いつき(パクリ)ました。二子の川向こうのデパートで

体験教室の広告が入りました。カルチャー教室で開催している所であれば仕方がありませんが、立地的にも二子・自由が丘、共にお膝元であるので

チャレンジするのも一考かと。大規模小売店やDIYショップでの体験教室の開催交渉なども可能性があるのかなと素人ながら考えますが。

 土丸展の案内をリピーター向けに送付する、最寄り駅や近所の商店の店先にポスターの掲示など(もう遅いけど)もいいのかなと思います。

 これらもやっぱり考え済みですね、きっと。何とかの考え休むに似たりってとこですか。遠くでカラスの声が聞こえる気がします。失礼いたしました。

投稿: 那須天然山女魚 | 2007年9月 4日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/16263037

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに:

« 五体 | トップページ | 焼きチキンのすすめ »