« 存在の危機 | トップページ | バリの夜 »

2007年7月26日 (木)

貧乏自慢

また情けないタイトルのブログになって、あちこちからおしかりを受けそうな感じ。

考えてみれば、わしはこの歳になって、しかも陶芸教室を4つもやっていて、まあ曲がりなりにも社長ではあるが、生徒にもスタッフにも女房様にも年中怒られてばっかり。つまらんわあ。

2,3日前にこんな話があった。

今度、土丸にも備前の土を導入した。前にもブログで書いたけど、そのままでは、ぶくが出たりするので、信楽の土を混ぜて調整した備前土。

したら、その土について、生徒さんが話し合っていた。緋だすきがやりたいんだと。緋だすきというのは、備前によくある装飾方法で、作品にわらを巻いて焼成するのです。そうしたら、わらの部分に緋色が出ると言うもの。元々は、重ねて焼くために作品がくっつかないようにわらを巻いたらしいんだけど、そのうちにそれ自体が装飾になった。

当然、わらをまくと灰がでるし、通常は「さや鉢」に入れて焼くわけだ。それで、生徒さんがそう言う話をしていたので、わしが口を出した。ちなみに、生徒さんも関西系です。

「さやに入れるんだったら、焼成代を少し多めに貰わんといかん」

「なんで?」

「さやに入れたら、さやが大きいでしょ。だから。」

「そりゃ、一個しか入れなかったらそうだけど、さやいっぱいに入れたら、ほとんど同じやないの。それに前にやったときは、そんなこと言ってなかった。」

「前の時は、さやに入れる時の焼成費をどうするか、計算するからちょっと待ってと言ってたら、なんかわしの知らん間に焼かれてたの。そんで、わしも忘れてたの。」

「忘れるくらいだったらいいんじゃない。」

「あかん」

「なんでえな。納得いかんわあ。」

どうも納得してくれそうもない。そこで、

「それはな。土丸が貧乏だから。」

と言うと、「なるほど」とか「それ言われると、そうやなあ」とか納得している。

議論には勝ったが、このむなしさは何であろうか。実にむなしい勝利ではある。それにさやに入れるための計算もせんといかんが、これも面倒くさいので、なんだかもうどうでも良くなってきたのだが、そんなだから貧乏なんだなあと妙に自分で納得したのであった。

おしまい。

|

« 存在の危機 | トップページ | バリの夜 »

コメント

うちの教室は掘っ建て小屋で雨が降れば大雨に聞こえ、
風が吹けば地震に感じる、エアコンなしの教室です。
暑い。寒い。暑い。なのです。そこが好きだったり。

焼成費はどこも悩むところなんですね。
確かに高いです。マジでーーーって事あります。
焼く手間、時間を考えればしゃーないかって思うけど。
私も縄のやつをやってみたいと思っていたのですが、
何気に人を巻き込む作業なんですね。悩むな。


貧乏と言えば、姉が大学へ進学した頃、家が貧乏になり
牛筋を食べ続けた事があります。
ああ、うちは貧乏なんだと感じました。
変な葉っぱを食べた事もあります。
お陰で辛抱強い人になりました。
根性はないけど忍耐だけはある人になった。

投稿: きっちょむ | 2007年7月26日 (木) 13時03分

いつもお世話になっております。

貧乏というタイトルでしたので、つい送ってしまいました。

8月から引き落としの新しいプランが始まりますよね。

今回の引き落としされる方のメリットとは別に、まじめにくる生徒の為の特別プランを是非この場を借りてお願いしたいと思います。

毎月25日までに入金すると500円のチケットプレゼントが8月で無くなってしまうことはとても痛いんです。

3か月のフリーパスはリーズナブルなんですが、そこまでのお金が無です。

でも、陶芸は好きなんです。
せめて、早期入金の為の割引チケットプレゼントは残して欲しいです。

オーナーよろしくご検討ください。


投稿: にゃんまる | 2007年7月26日 (木) 18時28分

きっちょむさん こんにちは
本来、うちの焼成費は安いほうだと思うよ。
土をキロ千円で買ってもらって、それに焼成釉薬すべて含まれている。

酸化も還元も同じ。ただ、上絵の場合はもう一度焼くので、別途もらう。

去年の夏、ジャパネットたかたのおかげでエアコン買ったので、貧乏だけど、エアコンぐらいはついているようになりました。

ジャパネットばんざーい

投稿: 土丸おやぢ | 2007年7月26日 (木) 21時31分

にゃんまるさん こんばんわ

貧乏にもかかわらず土丸に来ていただいてまことにありがとうございます。感謝です。

仲間ですね。

さて、8月に500円券がなくなると聞きましたか?
むう。実はなくならないんだけど・・

でも、遅かれ早かれ現金で受け取るのは極力減らしていこうと考えております。

いろいろ考えます。はい。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年7月26日 (木) 21時47分

500円券って無くなるんですか?初めて知りました・・・

まぁ、そんなことより、土丸って会計システムがややこしいっていうか、料金プランが沢山あって分かり辛いです。
(いろんな人の要望を聞いて、余分な料金を取らないようにしたら、こんな複雑システムになるんでしょうけど・・・きっと、オーナー、人が良すぎるんですよね)

どこかに、会計一覧表でも作って張り出してくれませんか?
(土丸なのに・・・価格表の無い高級料亭風・・・( ̄□ ̄;)!!って!

価格表のパウチぐらいボランティアでして差し上げますよ(By 土丸の貧乏を救う会・大倉山支部)

投稿: 匿名希望 | 2007年7月26日 (木) 21時48分

ありゃ1分差で、土丸おやじ登場・・・で、500円券は無くならないのん?

投稿: 匿名希望 | 2007年7月26日 (木) 21時49分

オーナーさま

お返事ありがとうございます。

500円券は実は無くならないとは本当ですか?

うれしいお知らせではないですか!
でも先生方は券は廃止と生徒さんに説明してましたから、オーナー様よりもう一度打ち合わせお願いします。

オーナーのおっしゃる現金から引き落としにスイッチして行く事は経理的にも管理し易い点ですよね。

もし、引き落としのお客さんを増やすという事であればそちらに500円券プレゼント特典を付けてもらえたら、即私は引き落としにします。

すみません。本当にわたしは貧乏だ!
でも、陶芸やめられないんです。

にゃんまるより

投稿: にゃんまる | 2007年7月27日 (金) 20時14分

にゃんまるさん おはようごじゃいます
ううむ。8月から無くなるのは、引き落としが
始まる人の分で。これは、引き落としにどうしても経費がかかるので、500円券を出ないためなのです。

それがどうしてこうなるのか・・
うちのスタッフを考えれば、思いっきり間違えてそうです。不安でごじゃる。

引き落としのほうにプレゼントをつけられないのは、そういうわけでして、でもそっちを増やしたければ、おっしゃるように何かもっとインパクトのあるインセンティブが必要かもしれません。

月をまたいでの振り替え可能というのは、かなりなインセンティブだと思うのだけど・・
これまた考えて見ます。

私も貧乏ですが、陶芸やめられないんです。
なまかだ

投稿: 土丸おやぢ | 2007年7月28日 (土) 07時45分

オーナー様

分かりやすい回答をありがとうございます。

安心しました。
いろいろな生徒さんのパターンがあるので経営も大変かと思いますが、土丸が発展して行く事を応援しております。

にゃんまる

投稿: にゃんまる | 2007年7月28日 (土) 12時19分

にゃんまるさん おはようございます
うちのスタッフから、500円券がなくなるのかどうなのか誤解がでるかもしれないというので、
再度登場。整理します。

引き落としにした人は、引き落としが始まると、500円券はでなくなります。引き落としが始まるまで現金で払いますが、その間は出ます。

現金のままの人は、今までと同じく500円券は出ます。

それじゃあ、引き落としにしないほうが得ではないかと思われるかもしれませんが、その代わりに月をまたいでの振り替えが出来るようになります。これは、大きいし、ひょっとしたら来れないという不安があるなら、引き落としがお勧めです。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年7月30日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/15903874

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏自慢:

« 存在の危機 | トップページ | バリの夜 »