« GWがやっと終わった | トップページ | 備前焼とカリキュラム »

2007年5月22日 (火)

恐るべき番組

わしはテレビが大好き。テレビっこというのかもしれん。ええ歳だけど。

久しぶりのブログだなあ。それがこんな内容でええのだろうか。まあええわ。

時々はまる番組があって、現在はまっているのは、「プロポーズ大作戦」と「世界ふれあい街歩き」だ。両方とも月曜の夜にあって。だから月曜の夜は大変だ。

プロポーズ大作戦は、夜9時からだから、大丈夫だが、「世界ふれあい街歩き」は、夜中過ぎなので、こっちが問題。一応、いつも録画してある。前は、水曜だか木曜にやっていたが、最近月曜に引っ越した。

この番組、知らない人もいるかもしれんが、NHKでやっている。世界の街を歩いて回るというだけの番組。カメラは、歩行者の視点で、ずっと歩いてまわり、いわゆる出演者というのはいない。カメラが、旅人ということで、朝から夜まで街を歩いて回り、いろんなものを見たり、街の人と話したりする。

なんかこの番組を見ると、本当にその街に行ったような気になってくる。と同時に、ああわしもまた、こんな風な旅がしたいもんだとしみじみ思わせてくれるのだ。

というように、実にすばらしい番組ではあるが、すごい面がもうひとつあって、それが番組のテンポだ。

なんせ歩いているから、実にのんびり、民放のうるさいレポーターのいる番組とは大違い。わりと、どうでもいいようなことにカメラを向けたり、つまり普通の旅人の視線で見ていると言うことなのですね。その結果、どうなるかというと、眠くなるのだ。

先週の月曜日は、バンクーバーだった。バンクーバーは、わしも5,6回行ったことがある。昔、シアトルに住んでいたので、けっこう近くて、中華料理だけ食べに行ったり、あとは剣道の試合などだけにも国境を越えて行ったりした。

月曜の夜に録画し、火曜の夜に見ようとした。見ているうちに、気を失うようにしてテレビの前の床で眠ってしまった。

水曜の夜、これではいかんともう一度見ようとした。今度もだめ。ああ、ここは昨日見たなあとか思っているうちに、また床の上で就寝。

フローリングの上で寝るものだから、朝起きても体が痛い。首が痛い。

それで、2,3日様子を見て、日曜の夜に再度挑戦した。今夜は最後までみるぞと気合いを入れたが、すぐに番組のペースに入り、ごろんと横になる。するともういけません。

ああ、ここまでは見たなあとか思っていると、気が遠くなってくる。いかんいかんと思っても、いつしか心地よい眠りに誘われ、3度目も失敗。3度挑戦して、3度とも最後まで見ていません。どういうことでしょう。

おかげで、首が痛いのがぜんぜん直らん。というか、また月曜が来てしまって、今度はアムステルダムだ。むう、恐ろしい。わしの首はどうなるのだ。そして、バンクーバーはどうなったのだ。わしはヨーロッパには行ったことないし、行く気もないのだが、オランダはけっこう嫌いじゃないので、たいへん見たい。どうしたら良いのだろう。ううむ、恐ろしい。

|

« GWがやっと終わった | トップページ | 備前焼とカリキュラム »

コメント

その番組が夜中にあるってことはですよ。
つまり寝れない人のためにある番組かもしれませんね。
テレビを見ながら寝るのは私も好きです。
人の注意も無視して強引に寝ることもあります。
翌日の体の痛みと引き換えに手に入れた幸福です。
幸せって痛いんですね・・・。
土丸さんの首の痛みは幸せの証なのでしょう。

投稿: きっちょむ | 2007年5月22日 (火) 13時25分

なんかずいぶん安い幸せな感じがします。

っていうか、わしはワンセグのアクオスケータイを持っているので、これを持ってベッドに入って見るのが一番良いのだということに、いままさに気がつきましたあ。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年5月27日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/15160876

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべき番組:

« GWがやっと終わった | トップページ | 備前焼とカリキュラム »