« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

わしが暇なとき

いま、昼飯を食いにマクドナルドに来ているのだ。実は、かなり前にパソコン不調になり、それいらい復旧していないので、もっぱらノートパソコンでモバイル。

マクドナルドには、無線LANが来ているので、メールチェックしながら、エビフィレオをいただくのである。このへん、なんか大変できるビジネスマンみたいで、なかなか格好良いではないか。ちなみに、今日はエビフィレオとテリヤキ食べました。飲み物は、わしはマックに行くと、常に「みず」と言って、水しかもらわん。うちのスタッフが、水ってもらえるんですねと感心していたが、もらえるに決まってるでないの。水がもらえないのは、シェーキーズの食い放題くらいだ。

まあ、そんなことはどうでもよい。昼休みの間にブログを書いてしまうのだ。わしは忙しいのだぞ。ふふふ。

それで、タイトルが、「わしが暇なとき」ということだが、実はあまり暇なときはないのだ。「貧乏ひまなし」。

ゆうべ窯を炊いてるときに、ブログを書き、石膏型を削り、備前用のサンプルの大きめの湯呑みみたいなのを土の配合を変えて6個作った。そうしたら、もう夜中の1時半。それから家に帰り、録画していたワンピースと昨日見れなかった時効警察を見て、さらに世界遺産を見ようとして、眠ってしまった。たぶん4時ころだったと思う。

朝は、9時頃目覚め、10時過ぎに大倉山の教室に行く。遅刻です。でも、今日は5分過ぎたくらいなので、生徒さんがほめてくれました。ううむ。これでいいのか。

それで、土を注文してから、夕べ作った備前サンプルをそっこう削った。今夜、これを還元用の窯に詰めて焼いてしまう。割れてもかまわんので、まだ熱い窯の上に置いて、強引に乾かしてしまう。

まあ、なんか毎日こんな調子で過ぎていき、なかなかゆったりなんかできないのよ。でも、会社員の頃と違うのは、仕事中でもでろんとしているということじゃないかなあ。

まあ、自営業だから当たり前やね。暇があれば、金の心配してます。なんか、スタッフも15名ほどになっているので、そいつらを養わんといかん。やっぱり、タコ社長としか言いようがないわな。

しかし、今日は月曜日。一応夕方には仕事が終わる。還元の窯はほぼ夜中に詰めに行くので、夜には時間がある。そんなとき、わしは何をするのか!一部スタッフは知っている。一部の生徒さんも知っている。そう 冬のソナタ なのです。これで何のことかわからん人はそれはそれでよろしい。まあ、冬のソナタのおかげで、自由が丘の教室は電子レンジを備え、大倉山の教室のCDコンポ、中華街の教室のCDコンポ等も備えることができているので、実にめでたいかぎりなのであった。 おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

備前焼とカリキュラム

かなり前に、備前焼きで、備前土をぜんぜん使わないで挑戦するというかなり乱暴なことを書いたりした。

いろいろお試しをして、テストピースはかなり増えてきた。今も目の前に24,5個のテストピースがある。

むううううううう。どうしようかなあ。

前回の窯で、なんとか、備前ぽい感じには焼けるようにはなってきた。しかし、このままではもう少し赤みと照りが足らんと思い、あるものを土に混ぜてみた。

今朝、楽しみに窯をあけ、見てみると、確かに狙ったとおりに、少しの赤みと照りが出てきている。それはいいんだけど・・・

混ぜるのがけっこう大変なのだ。クレンザーは・・ お手手が荒れてしまう。まあ、わしの手が荒れても良いか。

クレンザーは弱アルカリ。弱アルカリのものを混ぜると、それが反応して、赤みがでる。だから、別にクレンザーでなくても、お風呂に入れるどこぞの温泉の素でも、アルカリならば、赤みが出てくれる。

このテストピースを作ったのは一週間ほど前で、その時、さんざクレンザーいじってたら、まだ指先がおかしい。これは、生徒さんにさせちゃまずいだろう。しかし、自分で全部混ぜるとなると、200キロぐらいやらにゃあならんので、こりゃ、一日がかりだわなあ。

それで、むううううう。なのだ。どうすんべ。

もう一回、作って焼いてみようかなあ。などと、思いながら、今夜は還元の窯たきなのです。

これというのも、わしがやっている中華街の教室で、「備前!」とかいうカリキュラムを作ったせいなのだ。自分が悪いのだ。しかし、こうやって、カリキュラムに組んでおくと、自然とやらねばならないので、前進するのである。人生とはそんなもんだ。少なくとも、わしの人生はそうであった。なんらかの、宣言。もしくは締め切りをもうけないと、なまけもののわしは動かないのである。しかし、まあそんな人生について語る前に、この備前という課題をなんとかする必要があるわなあ。

ということで、土をこれからこねだす46歳の夜であった。おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

恐るべき番組

わしはテレビが大好き。テレビっこというのかもしれん。ええ歳だけど。

久しぶりのブログだなあ。それがこんな内容でええのだろうか。まあええわ。

時々はまる番組があって、現在はまっているのは、「プロポーズ大作戦」と「世界ふれあい街歩き」だ。両方とも月曜の夜にあって。だから月曜の夜は大変だ。

プロポーズ大作戦は、夜9時からだから、大丈夫だが、「世界ふれあい街歩き」は、夜中過ぎなので、こっちが問題。一応、いつも録画してある。前は、水曜だか木曜にやっていたが、最近月曜に引っ越した。

この番組、知らない人もいるかもしれんが、NHKでやっている。世界の街を歩いて回るというだけの番組。カメラは、歩行者の視点で、ずっと歩いてまわり、いわゆる出演者というのはいない。カメラが、旅人ということで、朝から夜まで街を歩いて回り、いろんなものを見たり、街の人と話したりする。

なんかこの番組を見ると、本当にその街に行ったような気になってくる。と同時に、ああわしもまた、こんな風な旅がしたいもんだとしみじみ思わせてくれるのだ。

というように、実にすばらしい番組ではあるが、すごい面がもうひとつあって、それが番組のテンポだ。

なんせ歩いているから、実にのんびり、民放のうるさいレポーターのいる番組とは大違い。わりと、どうでもいいようなことにカメラを向けたり、つまり普通の旅人の視線で見ていると言うことなのですね。その結果、どうなるかというと、眠くなるのだ。

先週の月曜日は、バンクーバーだった。バンクーバーは、わしも5,6回行ったことがある。昔、シアトルに住んでいたので、けっこう近くて、中華料理だけ食べに行ったり、あとは剣道の試合などだけにも国境を越えて行ったりした。

月曜の夜に録画し、火曜の夜に見ようとした。見ているうちに、気を失うようにしてテレビの前の床で眠ってしまった。

水曜の夜、これではいかんともう一度見ようとした。今度もだめ。ああ、ここは昨日見たなあとか思っているうちに、また床の上で就寝。

フローリングの上で寝るものだから、朝起きても体が痛い。首が痛い。

それで、2,3日様子を見て、日曜の夜に再度挑戦した。今夜は最後までみるぞと気合いを入れたが、すぐに番組のペースに入り、ごろんと横になる。するともういけません。

ああ、ここまでは見たなあとか思っていると、気が遠くなってくる。いかんいかんと思っても、いつしか心地よい眠りに誘われ、3度目も失敗。3度挑戦して、3度とも最後まで見ていません。どういうことでしょう。

おかげで、首が痛いのがぜんぜん直らん。というか、また月曜が来てしまって、今度はアムステルダムだ。むう、恐ろしい。わしの首はどうなるのだ。そして、バンクーバーはどうなったのだ。わしはヨーロッパには行ったことないし、行く気もないのだが、オランダはけっこう嫌いじゃないので、たいへん見たい。どうしたら良いのだろう。ううむ、恐ろしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

GWがやっと終わった

やっとゴールデンウィークが終わった。よかったよかった。

一般の勤め人ならばゴールデンウィークに楽しみもあろうが、自営業であるわしは、何にもないのよ。ただ、普段来ている生徒さんは、やはり家族があるので休みがちになり、体験コースの生徒さんが増える。今年も、大倉山の教室は、けっこう体験コースの人が多かった。何人か、入会してくれるかなあ。

あと、やはりスタッフの中にも、休みたいというのが出てきて、その代わりにわしが教室をつとめたりして、いつもより忙しいくらい。うちのスタッフは、ホームページの「土丸の仲間」を見ていただけばわかると思うが、ほとんど女。なんでというぐらい女性ばかり。というか、わしが女性しか採用しないからか・・

そのスタッフの女性たちも、ここ2,3年で結婚だなんだとめでたいことが続いた。土丸はあんまりスタッフが辞めないので、スタッフ平均年齢は着実に毎年上がり続け、はたしてこのままでいいのだろうか、と2,3年前などは心配したが、なんかしらんが、ばたばたばたばたと、ほとんどみんな結婚した。いや よかったよかった。

ああ、まだ結婚していない人もいるけど、心配いらんよ。ってしてないか。

まあ、そんなゴールデンウィークだが、今年もGWらしいことは何一つしなかった。というか、休みが先週の金曜日だけ、それも前日は窯を炊いていて、寝たのは朝の5時だったので、なんにもできませんでした。

本来なら、女房様ともども、映画でも見に行こうかと・・わしはロッキーが見たいのだが、女房様は絶対にいやだという。それならば、大泉洋のねずみぶりを見に行きますかというようなことを言っていたが、金曜日起きたのは昼すぎなので、それも無理だな。どうせものすごい人に決まっている。

それなら、なんかうまいものでも食うか、という話になり、久しぶりにしゃぶしゃぶ行くことになった。昼まっからである。近所の「温野菜」というところに行った。昼の3時頃。なんて中途半端な時間でしょう。当然空きまくり。

食い放題だあ!牛と豚、とり食い放題!

このあたりから、うまいものを食うということから、たくさん食べると言う風に趣旨が変わっていった。わしは、前夜窯を炊いているときから腹が減っているので、かれこれ12時間腹が空いている。

しゃぶしゃぶに胃袋はよろこび、次々と追加のお肉を頼んでいった。あの、追加の肉というのは一皿何グラムぐらいなのだろう。100グラムあるのかしら、50じゃないよな。100グラムとしたら、もう2キロ以上食ったことになる。途中で、お店の人が、ご飯はどうせでしょうか?とかうどんもありますとか、野菜は?とか聞いてきたが、すべて無視し、肉ばかりで、もう胸がいっぱいになってきた。

腹がいっぱいになると、次に胸がいっぱいになるのです。

もういいかげん、肉に疲れ、どうでもよくなったわしは、そのあたりで「温野菜」を許してやることにしたのであった。昼食い過ぎたせいで、夜になってもぜんぜん腹が減らず、晩飯はなし。一日一食。ううむ。まるで禅僧みたい。肉ばかり食いましたが。

2,3年前、40歳を越し、もう食べ放題ではあまり意固地になって食うこともあるまい。大人だからなあとか思っていたのだが、46歳ににもなってまたやってまった。

こんなGWでした。おしまい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »