« 復活の日 | トップページ | パソコン不調 »

2007年3月29日 (木)

抹茶はグリーン

サクラが咲いてきましたな。朝、犬の散歩で三ッ池公園を歩くと、サクラがだいぶ咲いてきた。三ッ池公園には、大きな立派なしだれサクラがあって、これはもう見事に咲いている。今朝見たら、サクラも見事だが、そのまわりをカメラを持った人が20人ほどもとりまいて写真をとっているのに驚いた。

この間の月曜日に、生徒さんの一人が教室に抹茶を持ってきてくれた。その人はお茶の先生で、その前の週にわしが、お茶についていろいろ聞いたからなのだ。

わしは、陶芸教室のおやぢなどやっているが、お茶はやったことがない。だから、抹茶茶碗など作ったり、作らせたりしているが、実はさっぱりわかってないのです。大変申し訳ない。

それで、夕方になってその生徒さんがお茶を入れてくれたのだ。さすがに陶芸教室だけあって、抹茶茶碗はいっぱいある。数年前に一度、ねずみ志野の抹茶茶碗つくり大会をやったときのスタッフの茶碗がいっぱいある。こういっては何ですが、酷い代物ばかり、特にわしの作ったのはひどいね。

まあ、そのひどい茶碗でお茶をいただいたのだ。お菓子もないので、わしが慌てて買いに行った。まんじゅうを買って来いというので、まんじゅうを買ってきた。

それでいただくと、これがうまい!ほうほう、抹茶というのはこんなにうまいものなのかと感心した。抹茶をうまいと思ったのはこれで2回目。最初は、これまた、4、5年前に信楽で古谷道夫という陶芸家のおうちで、真夏の暑い時に、よく冷えた抹茶を、古谷さんが作った信楽焼の焼しめの器でいただいたときだ。あの時は、器自体も冷やしてあった。これがもてなしの心というものなんやね。

とにかく、抹茶がおいしいので、感心したわしは、作り方やらいろいろ聞いて、おかわりなどして、3杯ほども飲んでしまった。

お茶を入れるとき、茶せんの動かし方など習った。ふむふむ。ということは、茶だまりとかは、これぐらいの大きさが必要だし、茶せんの動きを考えると、こんな形がいいよなあ。とか、茶碗はやはり400グラム以下だよなあ。聞いたら、350か360グラムが良いらしい。

というように、大変充実したお勉強をし、これからの抹茶茶碗つくりに活かしていこうと、まことに有意義であったのだが、その後困った。

わしは、ふだんコーヒーだのあまり飲まず、カフェインに無抵抗なので、抹茶を3杯のんじゃうと、気持ち悪くなってきた。ううううう。ぎもぢわるい・・・

さらに、翌日の朝、トイレに行って、わしは叫び声をあげそうになった。う○○がグリーンなのです。最初は、わけがわからず、なんで?????と思った。

わしは慌てて、女房様に報告した。

「たいへんだ。う○○がみどりいろだあ。」「赤くなければ大丈夫です。」

と冷静に返答されてしまった。

しかし、あれが緑色と言うのはへんな感じだ。確か、ガリバー旅行記だったっけかな、作品中に排泄物を研究する学者が出てきて、色とか形で、どんな人間かわかるというもので、確か緑色というのは、革命を志している人の排泄物だったような・・ しかし、こんなことを書くと、わしの教養がにじみ出るなあ。うむうむ。

わしは別に日本政府の転覆やなど考えておらず、平和に抹茶を楽しみたいだけなのだが、なんにせよ、これからは2杯までにしようと、固く心に誓った47歳元気ですだったのだった。

|

« 復活の日 | トップページ | パソコン不調 »

コメント

私もお茶のことはさっぱり分かりません。
だから美味しいか不味いかの二択しかなく、
過去に1度だけ、ん?これは美味いぞと思ったことがあります。
それは何と中学生がたててくれたお茶でした。
小娘なかなかやるなと思いました。

ちなみに私はクロレラのサプリを飲んでいるので、
ほぼ毎回緑色です。妖怪みたいな気分です。

投稿: きっちょむ | 2007年3月30日 (金) 15時27分

そうでしたか、きっちょむさんは革命の志士だったんですね。おみそれしました。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年3月31日 (土) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/14445825

この記事へのトラックバック一覧です: 抹茶はグリーン:

« 復活の日 | トップページ | パソコン不調 »