« ヤキータ内職 | トップページ | 頭髪の危機 »

2007年3月 5日 (月)

アオリイカの誘惑

ただいま現在、日曜深夜というか月曜早朝の3時半であるが、ついアオリイカのさしみを食ってしまった。

ああ ご飯が欲しい。

しかし、さすがにこの時間にご飯まで食うのはよくなかろうと、信じられない自制心を発揮し、耐えた。

ああ 早く朝にならんかなあ。あったかいご飯と、このアオリイカ、食べたいなあ。

このイカは、一昨日の金曜日、築地にわしの友人を訪ねていった時に、その友人からゲットしたものだ。京都と言っていたから、小木あたりのものだろう。関東ではあまりアオリイカを食べないというか、流通していないが、けっこう柔らかく、甘く、うんまいのだ。

実は、その友人は魚屋さんというか、水産の商社を経営しているので、内職した「ヤキータ」を売りつけに行ったのだ。大量に事務所に置いてきてやりました。

ヤキータを置いたら、ちょうど、築地市場の仲卸にイカの見本を持っていくというので、わしのライトエースの後ろにイカを載せ、市場の中に車で乗り込んだ。

わしも水産学部を出ているし、築地には何度も来たことがあるが、中を車で走り回るのは初めてだ。昼ごろなので、もうみんな片付けに入っている。ものすごい量の発泡スチロールがあちこちに山になっている。そして、気動車が走り回る中を、果たしてそんなところ車で入っていって良いのかよくわからんが、ライトエースでぐるぐる走り回った。

みなさん、とても忙しそうです。わしは、友人が見本を持っていく前に、イカをチェックし、1ぱい(イカは1ぱい、2はいと数えるんですよ)だけいただくことにした。小木のイカは冷凍がきちんとされているので、さしみで食える。

こういう冷凍の魚は、冷凍の方法で味がかなり違う。というか、何度解凍されたかで、味が違う。ひどいのは、3、4度冷凍解凍を繰り返したりしたものがあって、そういうのはドリップ(解凍するときに出る水ですな)が出るときに、うまみまで逃げてしまう。

一般的に冷凍に向いている魚はマグロと鮭で、鮭なら、新巻で一本買ってきて、家でさばいて小分けにして、ラップに包んで冷凍庫に入れておくと、半年は平気で大丈夫だ。

マグロはもっとすごい。マイナス60度あたりで冷凍すると、まったく鮮度が落ちない。わしはインド洋までマグロを取りに行ったので、よ~く知っている。船の冷凍庫はマイナス30度と60度に分かれていて、マイナス60度で作業するのはたいへんつらかった。息がうまくできないのだ。しかし、そのマイナス60度に耐えられるのは、わしぐらいしか居なかったので、ほぼ、毎日マイナス60度の中で作業させられた。外は30度。気温差、90度!

ありゃりゃ、アオリイカの誘惑というタイトルをつけながら、まったく関係のないマグロの話になってきた。ううむ。今は、還元の窯たきの帰りで、ぼけて疲れているから、仕方あるまい。マグロの話はまた今度書こう。そうしようそうしよう。そして、アオリイカのことを考えながら、眠りにつくことにしよう。

|

« ヤキータ内職 | トップページ | 頭髪の危機 »

コメント

私は刺身の盛り合わせが来たら海草から食べます。
海草がおいしいと魚も美味しいからです。
まったくもって嫌な人なのです。失礼な人です。
他のはまずくてもイカだけは美味しいって事も多いです。
早くマグロの話が聞きたいと思いました。

投稿: きっちょむ | 2007年3月 5日 (月) 10時20分

きっちょむさん
私は刺身の盛り合わせがきたら、海草、つま等はいっさい食べません。
つまり、わしときっちょむさんが一緒に刺身を食ったら、きっちょむさんは著しく不利な立場におかれるということになります。お気の毒・・

イカ、マグロ、鮭のことを書かせたら、陶芸と同じかそれ以上に書き込んでしまうかもしれません。おやぢのこだわりです。

投稿: 土丸おやぢ | 2007年3月 7日 (水) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/14138585

この記事へのトラックバック一覧です: アオリイカの誘惑:

« ヤキータ内職 | トップページ | 頭髪の危機 »