« わしの知的生産性 | トップページ | ヤキータ内職 »

2007年2月23日 (金)

深夜に内職

内職と言うのはいい響きだなあとしみじみしながら、箱を折っている。

もうじき3時だ。そろそろ寝ないと、明日がつらくなる。でもなぜか、こういう内職仕事は手が止まらないんだなあ。

なんかしらんが、どういう巡り会わせか、わしは夜中に箱を折っている。詳細をここではお話できない。う~ん。ちょっとだけならいいかな。

2,3年前に、あるベンチャー企業の新製品を作る手伝いをした。焼き物に関連するものなのだ。それは、その製品も面白そうだったし、そのテーマというか、素材も面白そうだったので、けっこう一生懸命協力した。

それで、それが売れたら、コミッションというか、いくらかもらえることになっていた。しかしまあ残念なことに、いろんなことが起こりまくり、その製品は店頭に並ぶことはなく、お蔵になっていた。

それが、どういうことか、最近そのベンチャー企業とまた接触があり、本来わしに支払わなければならない研究費というか、技術協力費というか、そんなものがあるのだけれど、ベンチャーですからお金がないので、現物支給ということになった。

くれるのはいいのだが、箱と製品が別々になったまま。箱詰めがまだ済んでいない。

ということで、わしが夜中に内職をしているのだ。

頭がもうろうとしてきた。そういえば、小学校の3年生だったかな。わしの家の裏に、うちの一族がやっている焼き物工場があり、わしは学校が終わると、夕方そこに行って、箱を折ったり、製品を詰めたりするのを手伝ったりした。ラジオを聴きながら、やっていたのだけれど、あのころのラジオはある曲が流行ると、やたらそれをかけまくっていた。

たしか、「さらば恋人」とかそれで覚えたんだよなあとかいうことを考えながら、実はだいぶ疲れたので、こうしてブログしてサボっているのであった。あともう少しやーろおっと。実は、わしはこういう超単純作業はきらいではないのだ。というか、少し好き。う~ん。われながらビンボくさいなあと思いながら夜は更けるのである。

オールナイトニッポン・エヴァーグリーンでも聞こうかなあ。

|

« わしの知的生産性 | トップページ | ヤキータ内職 »

コメント

貧困状態でやるのはどうだか分かりませんが、私も内緒好きな方です。
頼まれれば箱詰め袋詰めは引き受けてます♪
内職ってはまる。簡単に達成感が味わえるし。

手だけ動いてる状態って脳みそは暇らしく、色々な事を思い出させてくれます。
思い出す内容は、手作業だけにアナログネタが多いかな。

投稿: きっちょむ | 2007年2月23日 (金) 11時15分

私は内緒好きじゃないです・・・ 内職に向いている人はきっと器用な人だと思います・・・何故ならば箱詰めしながら考え事とか出きる人だから!!(本当に羨ましい)私は単純な人間なので内職中は内職のことしか考えられない・・・だから辛いです・・・トホホ

投稿: 土丸おやぢの妻 | 2007年2月23日 (金) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/14014762

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜に内職:

« わしの知的生産性 | トップページ | ヤキータ内職 »