« 12月11日 | トップページ | お誕生日パーチー »

2006年12月15日 (金)

黄瀬戸&ピザ窯途中経過

月日のたつのはあまりに早い。もう14日になる。

わしの誕生日のことを書こうと思っていたら、もうこんなにひがたってしまったので、とりあえずやめて、黄瀬戸とピザ窯のことを書こう。実に盛りだくさん。

黄瀬戸は、結局オリジナルの配合を12、3種類も試しただろうか、いわゆる「油揚げ手」に近くするために、テストピースは何十枚にもなってしまった。

こんなぐらいで自慢するなと言われるかもしれないが、とりあえず12月にもなったことだし、このあたりでよしとするかというのは一応でけた。

Image016_1 写真にすると、こんな感じ。

明るい黄色を出したかったので、それはまあ良いけれど、ちょっとマットになりすぎているのが不満。まあ、継続して研究はするが、一応よしとして、勝手にまた名前をつけた。

「明色黄瀬戸」  明るい黄瀬戸ということやね。

それで、今日、窯の出し入れをしていると、ふと没にしたテストピースの一枚に目が止まった。先週焼いたものだけど、一週間ほどして、色の具合が変わって、なんかいい感じになっている。ううむ。せっかく、「明色黄瀬戸」と名前までつけて、15キロほど調合して、ミルにかけ、大量生産しだしたのに、これは気になる。

もう一度、テストだ!ということで、今日またその一度没にした釉薬をかけて、窯に入れた。こういうときに、「窯わん」という小さな電気窯はきわめて便利。明日の昼にはもう出せる。

続いては、ピザ窯だ。これは二つ同時に、ちょっと違う作り方で作った。わしの場合、自分で作るだけでなく、もし具合がよければ、生徒さんに紹介せねばならんので、どうやったら簡単にでけるか考え考え、作っている。実に見上げたものである。

Image021Image023_1 Image025 

亀板の上に新聞紙を丸く切って置く。こうすると、土離れがよくなって、ぎりぎりの厚さにできる。8ミリのたたらを置いて、丸く切って、ひもをつんで壁を立ち上げた。

高さは6、7センチくらい。あまり高くすると、熱が全体に回りにくくなるだろう。

上の写真は、天井はもう一枚たたらを作って、大皿の上においてゆるやかなカーブをつけ、上にはめ込む。

Image027 これがたたらを載せたところ。河童みたいやね。

たたらを載せたまわりに少し土を盛って、継ぎ目を消して、とりあえず終わり。

もうひとつは、無理やりドームを作った。いわゆる「風船つくり」というやつで、すこしづつ壁を寄せていって、てっぺんで完全に閉じこんでしまう。中に空気があるので、落っこちたりしない。だから「風船つくり」という。

これは難しかった。土鍋土なので、土に腰がなくてすぐへたれる。少し乾かしながらやった。これは生徒にはお勧めできないなあ。腕に自信があるひと、または練習でとりあえず挑戦という人向け。

Image026_1 できあがりがこれ。なんかまるいわ。あたりまえか。

ということで、本当に二つ作ったのを証明するために、

Image028 どうだ!なんかみょ~な感じ。

こいつらは、少し乾いたら、ピザを出し入れする口を切って、その口に取っ手をつけ、フタができるようにする。

しかし、今回は写真をふんだんに使い、しかも黄瀬戸といい、ピザ窯といい、実に陶芸教室のおやぢらしいブログになった。と非常に満足しながら終わるのである。

さて、次はピザの生地を作る練習をしなければ。

|

« 12月11日 | トップページ | お誕生日パーチー »

コメント

明色黄瀬戸すてきだすー。私も今回帰国して釉薬買って帰る、もくろみです。(自分でつくれー)

ピザの釜には驚きました。生地はこっちでは、生ビール酵母が売っていて、陶芸の先生いわく、土練るようにねっちゃだめよ。空気をいれてねりまくる。私は厚いピザが好きだから、分厚くしてオイルたっぷりかけて、ハーブ(オリガノやら、バジルやら)もたっぷりかけて、焼きます。がんばってくらはい。

関係ないけど、射手座が私の周りにたくさんなんです。義母もそうだし。

投稿: ペコリーナ | 2006年12月15日 (金) 18時29分

ピザ!ピザ!早く食べたいです。私は今日からピザ断ちします。

投稿: つぼみ | 2006年12月15日 (金) 21時15分

窯のめどはついたので、今度はピザだあ!

やいたるで

投稿: 土丸おやぢ | 2006年12月16日 (土) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/13073084

この記事へのトラックバック一覧です: 黄瀬戸&ピザ窯途中経過:

» 2006.12.16 濃度を下げる [くるくる]
どうやら銅の混入は大きく釉薬の熔ける温度を下げるようなので、銅の濃度を下げ、かつ焼成温度も下げる。 #5(左) 炭酸銅 0.37M, CaO 0.46, NaKO 0.17, Al2O3 0.35, SiO 5.0 (カオリン、珪石、長石、石灰石) 酸化銅換算 7% #6(右) 炭酸銅 0.37M, BaO 0.46, NaKO 0.17, Al2O3 0.35, SiO 5.0 (カオリン、珪石、長石、炭酸バリウム) 酸化銅換算 7% <焼成データ> 五斗蒔土/天然灰黄瀬戸/7... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22時24分

« 12月11日 | トップページ | お誕生日パーチー »