« 怒涛の窯詰め | トップページ | 振り返り »

2006年11月19日 (日)

鋭敏なる感覚

最近、すごくまじめにブログしているわし。これはひまわりてんびんさんの影響なのだ。

とりあえず続けることが大事とは言わんが、肝ではあるだろう。ということで、何か新しいことに夢中になるまで、できるだけ毎日書いてみよう。

今日は不思議な日だった。怒涛の窯たき期間に突入したせいで、昼は社会保険センターの窯をたき、夜は土丸の還元をたく。

昨夜は二子新地の教室の還元焼成で、夜10時半ごろから還元開始。土丸は全部電気窯なので、プロパンガスを使って、バーナーで炎を吹きいれ、還元をかける。

だいたい、930~950度からガスを使い始め、1230度まで続ける。約5時間かける。

とうことは、夜の10時半に始めたら、終わるのは夜中の4時くらい。還元やっている間に道具を作ったり、伝票の整理をしたり、働いてるのよ。

そいでもって、朝は10時からまた社会保険センターの教室がある。ゆうべ、わしは考えた。このまま家に帰ったら、間違いなく寝過ごすであろう。わしは確信しておった。

そこで、朝の5時だけど、センターに行くことにした。実はセンターの窯も朝から還元スタートするようにマイコンをセットしていたのだ。寝過ごすわけにはいかない。

センターに着いて、窯の前に段ボールを敷いて寝転んだ。窯のおかげでたいへんあったかい。6時過ぎにうとうとと寝てしまい、8時半ごろ目が覚めた。2時間ほど寝たか。

もちろん熟睡できないので、なんかぼけぼけ、でもハイテンション。そしてとても不思議なのだけど、感覚がすごく鋭敏になっているような気がした。

一年に何回か、こんな感覚に浸るときがある。教室が始まって、例のトルマリン入り水差しを紹介して、生徒さんに作ってもらったけど、指先の感覚がとっても鋭くなっていて、土の厚さとか本当によくわかる。さらには、見ただけで、どこがどのくらいの厚さがあるのか、なんかわかってしまう。生徒の作品をいくつか手直ししたけれど、やっていて、とっても不思議だった。本当に、すべてわかってしまう。

けれど、午後になると困ったことに、手ろくろを回すと目が回ってきた。ぐるぐるぐるぐる。ううむ、せっかくのこの感覚。もったいないけど、もう帰ろうと、窯たきが終わると、他の講師に任せて帰ることにした。

帰りは車。運転がまた不思議。まわりの車が良く見える。また、どの車がどういう意図があるのか、無理なくよくわかる。信号の変わるタイミングまですごくよくわかる。全然眠くない。

それで、帰ってこうしてブログを書いているのだが、はたと今気がついた!

そうだ!ロトとか買っておけばよかった。しまったあ。もう11時だもの。ううむ。1億損した気分。今度、この感覚が来たときは、絶対買いに行こう。しかし、いつこうなるのかさっぱりわからん。ただ、睡眠時間を短くしただけでは、ただの寝不足で、いつもにましてぼけぼけのぼけ~になってしまう。

ううむ。なんかもったいないような、でもまあええわ というところで本日も終わるのであった。

|

« 怒涛の窯詰め | トップページ | 振り返り »

コメント

そんな、そんな。影響だなんて、そんな、そんな。

でも、こうやって書くのも、いいもんでしょ。

自分も、思いついたら、とりあえず書いときます。ほいで、時間があったときに、仕上げて読み直してアップするのじゃ。

投稿: ひまわりてんびん | 2006年11月21日 (火) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/12750898

この記事へのトラックバック一覧です: 鋭敏なる感覚:

» まりもやアクアリウム、ミニ水槽、卓上で楽しむ自然 [まりもの飼育]
毬藻をメインとした卓上で楽しめる自然インテリアのご紹介。   [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 06時28分

» ギフト販促品は優れものを選びましょう。 [新潟の雑貨や banco-life]
銅製の綺麗な水差し。カップ類。子供さんの洋食器。純銀のスプーン。アイスペール。ワインクーラー。ウオーターポット。水割りセット。正座椅子。綺麗な園芸用品。フェロモン惑星。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 09時53分

« 怒涛の窯詰め | トップページ | 振り返り »