« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月 4日 (月)

忘年会パーチー計画

というタイトルを見たら、この奥田というのはいったい何を考えて生きているのであろうかと感じるかもしれない。

なにせ、ほんの2ヶ月ほど前まで、土丸展パーチー計画と称してたこ焼き器のお話をつづっていたばかりで、今日は9月4日。忘年会とはいかがなものか。

しかし、何を隠そう、こんなに早くこういうタイトルでブログをつづるのは、

「奥田はパーチーが大好きなのだあ!」

それだけのことだ。

さて、前回は世界初の陶板たこ焼き器でパーチーは大盛況であったが、今回もさらに上を行くすごいのを考えている。

今回は、「陶板ピザ焼器」である。どうも、パーチーとともに、わしは焼くのが好きみたいだ。ピザも好きだ。いかにして、おいしいピザを焼くことができるか、現在アイデアとしては2つほどある。ここで書いてもいいのだが、それを書いてしまうと、次に書くネタがなくなるので、引っ張ることにしよう。

そもそもブログと言うのは、どのくらいの頻度で書けばよいものか?先週、久しぶりに高校時代の友人5,6人と神田のすし屋で飲んだ。そのうちの何人かの行きつけのすし屋で確かになかなかうまく、しかもそんなに高くない。「ねもと」と言う。そのすし屋もブログを持っている。本来は、主人である「ねもと」さんが書くべきなのだが、どうも苦手らしく、店に働くものすごい笑顔のかわいい若い衆に任せている。

わしの友人達は、わしに、その若い衆に説教しろと言う。ブログがなっとらんと。友人の主張によると、ブログを作って2ヶ月になるのに、5回くらいしか更新していないという。怠慢だという。 

ええっ2ヶ月に5回ですか・・ええっとまあいいんじゃないですか・・

わしは、2ヶ月に3回程度のペースである。負けている。説教くらうのはこちらだ。

多分、またそのすし屋に近いうちに行くことがあると思うので、そこで説教されないように、今後もう少し頻度を上げてブログろうと誰にでもなく曇天の夜空に向かって誓うわしであった。確かに、陶芸教室のブログとしては、いかがなものかと思う思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »