« まもなく土丸展 | トップページ | エアコン万歳! »

2006年6月29日 (木)

土丸展終了報告と陶板たこやき器はどうであったか

あらーっという間に土丸展が終わりました。

今年も多数の人に来ていただき、感謝。さらにはスタッフやらお手伝いしてくれた生徒の皆様、ありがとうございました。

現在、ホームページに出展作品がアップされている。これは緊急版で、できればせっかくみなさんが書いてくれた土やら焼成雰囲気やら釉薬もつけたいと思っております。

こういうご時勢なので、名前を出すわけにはいかんが、釉薬なら出してもかまわんだろう。

さて、土丸展も大事であったが、あの「陶板たこ焼器」はどうなったかを報告せねばなるまい。

はっきり言って、土丸展の前はむちゃくちゃ忙しく、なかなか作る時間が取れなかった。(もっと早くからやってればよかったのに)結局、なんと日曜夕方のパーチーに間に合わせるために、木曜の朝早くに作った。

Dsc02078 こんな感じ。これは裏から見たところ。土鍋土で8ミリのたたらを作り、さらには本物のたこ焼き器に土を詰めて、くぼみというかでっぱりの型をとり、その半球状のものにティッシュペーパーをかぶせ、またたたらをかぶせた。少し乾いたら、ひっくり返して表から穴を開け、半球状の土の型を取り出し、丁寧に仕上げればよいと考えた。

   以降 中略

Dsc02307 それで、なんと日曜には完成し、夕方のパーチーでわしがたこ焼きを焼いているところだこれが!

忙しかったので、穴は10個しか開いていない。

Dsc02318 ほんで、これが出来上がったたこ焼きと満足そうなわし。

お味のほうはいかがであったかというと。生徒さんたちは、

「うーん、さすが陶板。陶板で焼いたほうがおいしい!」とほめてくれる。横では普通の電気たこ焼き器でもたこ焼き作っていた。

「せっかく先生が作ってくれたもの、ほめなきゃだめでしょ!」とか言う声が聞こえた。むう。

まあ、自分ではっきり言いますと、酔っ払っていると、よくわからんね。

でも、これだけははっきりいえる。たこの焼き上がりがぜんぜん違う

陶板で焼いたものは、遠赤外線のせいか、たこがぷりぷりしてるのよ。たこがうまいね。

外側がもっとパリッと焼けるかと思ったけど、これは焼き方しだいでどうにでもなるなあ。

しかし、まあ一応成功といえよう。ううむ。築地銀だこあたりがこれを聞きつけて、

「奥田さん そのノウハウをどうか私らに!」とか言ってこんかなあ。こんだろうなあ。

土丸展の詳細については、また別の機会に。パーチー面白かったよ。

|

« まもなく土丸展 | トップページ | エアコン万歳! »

コメント

パーチー、急に用事が入って行けずになってしまい、すんませんでした。
奥田さんといろいろ話をしたかったのに。

土丸展に出したがいいが、みなさん、とてもお上手で、そんな中でわしの作品は、素人が作ったのがまるわかりで恥ずかしかった。

でも、懲りずに来年も出します。
わしには、わしの味があると思って。

今後とも宜しくご指導お願いします。

投稿: とり | 2006年7月 5日 (水) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/10718234

この記事へのトラックバック一覧です: 土丸展終了報告と陶板たこやき器はどうであったか:

« まもなく土丸展 | トップページ | エアコン万歳! »