« 何ゆえ私は陶芸教室を始めるにいたったか | トップページ | まもなく土丸展 »

2006年5月20日 (土)

技術とは何か?

かたーいタイトルです。

今日、基礎コースの生徒さんに教えていて、ちょっと考えてしまった。

初めて陶芸をやった人でも、自分のイメージがある。それを作りたいと思う。自由にやりたいと思う。

けど、わしは最初は自由にさせないのよ。不自由なのよ。

なぜなら、自由にやるためには、やはりある程度の力量が必要だから。それを技術と言おう。では、その技術とは何かというと、わしが考えるに

「再現する力」ではないか?

これは、つまり一つ作品を作ったら、もう一度同じものを作ることができるか?ということ。

抹茶茶碗なんか手でわしわし作っていると、ほとんどはじめての人でもたまにすごく格好良いものができたりすることがある。できあがりを見て、こりゃあいい。また作ろうとしてもできない。

これは何かというと、再現できないんだな。ということは、以前できた良いものは偶然だったわけだな。

まあ、芸術やアートの世界は偶然も大切なのはよーくわかっている。

しかし、陶芸というものはそもそも偶然の占める範囲が大きいものなのだ。それは結局、一番大事な焼成をするときには触れないし、見えない。温度を上げ、炎をぶつけ、外から想像し、祈っている。

それに陶芸は果たしてアートか?というと、これが意見が分かれるのだな。昔から。

アートかクラフトか?まあ、本当はどっちでもいいんだけど。

とにかく、普通の人は、陶芸を始めるとまずはやはり身の回りのものが作りたい。自分の作った湯呑みや茶碗が欲しい。うまくいけば、家族や友人の分まで作りたい。

ということは、ある程度の再現性がないと困るわけだ。その再現できる技術を身につけるのが教室だわな。

もちろん、陶芸教室なんて楽しくなければ、誰も来ないし、わしも楽しくないものはいやだ。楽しむための最低限必要な力を練習するわけだな。

たとえば、最初茶碗を作ると、手もコテも思ったように動いてくれない。自分の欲しい形というものはぼんやりとあるが、それをどうやって作り出して良いのかわからない。

ろくろを回して土をいじっていると、あっちが膨れ、こっちがくぼみ、そんな時に、生徒さんはわしに言うのだ

「こんなになっちゃいました。」

こんなになっちゃったって、そんなにしたのは自分でしょうが。

このレベルはわしは密かに「いってこいレベル」と呼んでいる。人には言わないけどね。どんな茶碗になるかは、コテやろくろや土に聞いてくれ、それー行ってこーい。できたものが欲しかったものに近ければ幸いですということやね。

実は、このレベルの人は、作りたい形というものがまだ本当にイメージできていない。なんか非常にぼんやりとあたまにあるだけなのだ。

自分の力量や土の性質がだんだんに理解できてきて、慣れるにしたがって、それまで何の気なしに使っていた茶碗や湯飲みも少し注意深く見るようになってくる。そうすると、作りたいもののイメージもだんだん鮮明になってくる。

すると、その自分のイメージに対して、技術が不足しているので、なかなかイメージどおりに作れない、なかなかうまくならないとぼやくレベルになる。「ぼやきレベル」やね。

ここで辞める人が多いのよ。

そんで、もっと続けた人は、次第に自分の思った形がそのままできるようになってくる。最初は楽しいわな。このあたりが、本当の意味での「中級レベル」やね。

趣味ならば、このへんで留まっておくのが無難。この先に行くと、「美しい形、イメージ」を求めてさまようことになる。こりゃ大変だわな。

なんか、よくわからん話になってきたなあ。このへんで止めよう。もう眠いわ。

|

« 何ゆえ私は陶芸教室を始めるにいたったか | トップページ | まもなく土丸展 »

コメント

今日、教室に行ってきやした。
去年に引き続き、気後れもせず、土丸展に出展すべく、土と格闘してまいりました。

わしら夫婦のレベルは、どんなもんでしょ。
さすがに、いってこいレベルは過ぎたように思っておのですが、甘い???
ぼやきレベルかな、と。でも、たけちゃんに頼りっぱなしでは、そうでもないか。

今後ともがんばりますので、よろしくお願いします。

投稿: とり | 2006年5月21日 (日) 21時00分

とりさん おこんばんわ
コメントありがとやした。

あんまり日曜には大倉山に顔出せないので、
お話はときどき絹子から聞いております。

とりさん夫妻はさやかレベルでしょう。

それってどんなレベル?!
と思われるかもしれませんが、
そもそもレベルわけというのは、レベルに応じて指導やら対策が変わってこそ意味があるので、
レベルが違ってもやることは変わりませんので、
実はレベルわけ自体、あんまり意味が無く、
ちょっと話の種になるぐらいのもんですな。

まあ、今度、土丸展のパーチーで馬鹿話でもしましょう。今後もよろしく。
奥田でした。

投稿: おくだ | 2006年5月23日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161644/10147841

この記事へのトラックバック一覧です: 技術とは何か?:

« 何ゆえ私は陶芸教室を始めるにいたったか | トップページ | まもなく土丸展 »