« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

土丸展パーチー計画その2

さて。、現状では土丸展パーチー計画はつまり陶板焼きでたこやき計画ということになっている。

つまりまあ、土鍋土で、たこ焼き器を作ればよいのだが、これがちょっと難しい。

たこ焼きを焼く穴はきれいな球形でないとまずかろう。しかも球は一つじゃだめで、やはりたくさん必要だわな。

本来なら、こういうものを作るなら当然、石膏型になる。石膏型で鋳込みでやるならこれはできるだろう。しかーし。わしは陶芸教室のおやぢなので、そんな作家的、陶器屋的発想はしないのだ。しかも、なにより最初の型を作るのが面倒くさい。

たたらをベースにすることは間違いないが、きれいな球形(しかも半球)をそろえるのは相当難しそうだ。うーむ。

単純に、たたらにたとえばピンポン玉みたいなものを押し付けて丸いへこみをつけるというのは、間違いなくうまくいかない。押し込んだ部分はかなり伸ばさなければならないので、薄くなるし、ひび割れも起きそうだ。さらには、柔らかいときにやる必要があるので、へなへなして仕上がりがきたなくなるだろう。

半球部分の仕上げは、削りのときにやる必要がある。そうでないと、きれいにいかないはず。ということは、半球の型を粘土でくるみ、それをそのまま平面のたたらにドベでくっつけておき、少し乾いて硬くなったところで、たたらの平らな方から穴を開け、半球の型を取り出すという方法はどうだろう?

発泡スチロールの小さなやつは安く売っていたな。ううむ。これならなんかできそうな気がしてきた。明日か明後日に、半球を用意してみよう。

というより、半球も粘土で作るか。そしてそれをティッシュでくるんで、その上からたたらをかぶせればどうだ!そしたら、乾燥して収縮も怖くないはず!

うーん ぼくって冴えてるうう。

というような感じでいつも作品の作り方を考えているのです。

どうですか?勉強になりました?

あまりならんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

土丸展パーチー計画その1

ながーいことブログはほったらかし。

というより忘れていた。

この間の木曜に、二子土丸に手伝いに行って、「土丸のホームページがリニューアルしたので見てちょーだい!」と宣伝したら、

「ホームページあったんですか!」という声だらけ。

むう。仕方ないか。

生徒さんの一人が、「オーナーブログとかあったりするんですか?」と聞かれて、

このブログを思い出した。そういえば、2、3ヶ月前にちょこっとやってたわ。

そこであわてて、ホームページにリンクさせ、さらには新しい記事も書かねばならん。

さて、タイトルであるが、来る土丸展の時には、毎年大倉山の土丸でパーチーをやる。

前回のパーチーは、すき焼きでもOKの陶板焼き用のなべみたいなものを作って、生徒さんには、肉食いたければ、持ってきてねとお願いして、実に素晴らしい陶板焼きパーチーが展開された。

その前は、確かわしが「たこやき」を焼きまくった。「たこやきパーチー」であった。

たこやきに飽きた人々は、たこのかわりにわさびやらチョコやら入れて、食わせやいをやり、悲惨だが大変興味深いパーチーであった。

今回はどうしよう。同じことをしても面白くない。

ぼんやりそんなことを考えていたら、突然ひらめいてしまった。

陶板焼きでたこやきはどうだあ! むう、素晴らしい。  ような気がする。

ではでは、実際に、陶板でたこやきはできるものであろうか?たぶん、今まで誰もやったことがないような気がする。日本初いや世界初の陶板焼きたこやき!ぜひとも挑戦してみようと硬く決意を固めた4月22日の午後であった。

果たして、本当に実現するのであろうか?期待に胸を膨らませながら、次回の報告を待っていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年5月 »